【タカラ『Qカー』発表】実物大チョロQのパワートレイン、実はアレだったのです

自動車 ニューモデル 新型車

【タカラ『Qカー』発表】実物大チョロQのパワートレイン、実はアレだったのです
  • 【タカラ『Qカー』発表】実物大チョロQのパワートレイン、実はアレだったのです
  • 【タカラ『Qカー』発表】実物大チョロQのパワートレイン、実はアレだったのです
突如として登場した感の強いタカラ『Q-CAR』(Qカー)だが、今回展示されていた2台はいずれも既存のEVを改造したものである。ベースとなったクルマは、トヨタ系の車体・部品メーカーである「アラコ」が開発した『エブリデー・コムス』ということを確認した。

実は昨年秋頃から、アラコがEVのパワートレインを外部企業にOEM供給するのではないかという話が持ち上がっていた。その供給先がどうやらタカラだったらしい。発表会当日に配布されたQカーの諸元表の数値は、すでにアラコが発売しているエブリデー・コムスと全く同じものだった。また、記者は実車の足回りにアラコのステッカーも発見している。

Qカーは「100万円を切る価格で販売したい」とされているが、コムスの価格は68万5000円〜75万5000円となっており、追加装備を施し、タカラの利益分を付与したとしても85万円前後での販売は決して不可能でないだろう。

タカラの佐藤慶太社長は「パワートレインは検討中。市販までに変わる可能性もある」と言葉を濁したが、このクラスで実用段階にあるEVパワートレインを持つのはアラコと光岡しかない。調達の利便性を考慮した場合、市販時にもアラコが採用される可能性は高い。コムスの足回り+コックス架装のボディ=Qカーということか?

●チューンドカー&ドレスアップカーの祭典、「東京オートサロン・ウィズ・オートアジア2002」が開催されました。オートアスキーは、リポートに加えてクルマとコンパニオンの写真&動画満載の特集ページを開設しています。---
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集