トヨタの影に怯えるダイムラー・クライスラー

自動車 ビジネス 企業動向

アメリカの2001年度の自動車販売実績では、かろうじてビッグ3の地位を守ったダイムラー・クライスラーのクライスラー部門。しかしアメリカのマーケットシェアで4位をしめるトヨタとは僅差で、トヨタがビッグ3の一角に食い込む可能性は充分だ。

クライスラーのCEO、ディーター・ゼッチェ氏は「今後5年から10年でクライスラー車の販売台数を年間100万台追加し、トヨタには追い抜かせない」と豪語している。またゼッチェ氏は販売を伸ばすためのインセンティブなどを必要としない「人気モデル」を投入する事が大事、とも強調している。

しかし同時にクライスラーでは少なくとも3つの工場をカットするなどの大幅なリストラが必要、とも言われている。ゼッチェ氏はこの説に対しても、「クライスラーは運営コストを下げており、工場の稼働率が80%台でも採算は取れる」と工場閉鎖を否定。しかしライバルGMですら「80%の稼動では採算ギリギリ。今年は100%の稼動を目指す」とコメントしており、クライスラーの意図はどこに?、という疑問の声もあがっている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集