【2002CES】カーAVへの関心まだまだ高まる

自動車 テクノロジー ITS

今回のCESでのカーオーディオ展示で注目されたのは、昨年に引き続いて、各メーカーがカーAVへの展開をさらに積極的に進めていることだ。

昨年は大きなアクシデントに見舞われた米国だが、それにもかかわらず自動車の販売台数は1700万台を超える史上2番目を記録。しかもその多くはミニバンを含むトラックが占めたといわれ、長時間乗車する機会の多いアメリカではカーAVに人気が集まるのはごく自然なことでもあったのだ。

その人気の高さは2500ドル(約33万円)もする液晶モニター付きDVDビデオ・レシーバーが底堅く売れたことからも推察できる。アンプやスピーカー、そして取り付ける工賃も入れれば5000ドル(約66万円)は軽く超えるのは間違いなく、日本が今ひとつ盛り上がりを欠いている状況をよそに、米国ではカーAVへの関心がよりいっそう高まっていきそうな気配である。

さらに人工衛星によるサテライトラジオへの関心も高い。これは人工衛星を経由して約100チャンネルにも及ぶCD並みの高音質放送が、専用レシーバーを通して受信可能となるもの。地上波とは違って郊外に出ても安定した受信が可能となり、国土の広い米国には最適な放送手段とも言われている。

米国では「シリウス」と「XM」の二つのグループが展開を進めており、シリウスを例にとれば、チャンネル数は100で、すべてがCD並みの高音質再生が可能なデジタル放送。これを12.95ドル/月の料金(約1700円。モニター期間中のみ)で受信できる。各カーオーディオメーカーも簡単にアドオンできる専用レシーバーを積極的に開発しており、衛星によるラジオが楽しめるのが日常化する日も近いと言われている。
《会田肇》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集