【2002パリ〜ダカールラリー】休息日レポート---砂漠の中でつかの間の休息、サービス

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2002パリ〜ダカールラリーは6日(日)が休息日。期間中、この日だけが本格的なメカニックサービスが受けられる。多くのチームはフランスからメカニックが飛行機で乗り込み、前半で傷んだ部品交換などを行った。

フランスのアラスをスタートしたときはバイク167台、4輪117台、トラック34台だったが、中間地点であるモーリタニアのアタールへ着いたのは、それぞれ124台、84台、29台。

順位では後続に11分46秒の差をつけた増岡浩(三菱パジェロ)が総合首位。2位にはチームメートの篠塚建次郎。ユタ・クラインシュミット(ドイツ、三菱パジェロ)とジャン・ピエール・フォントネ(フランス、三菱パジェロ)が総合3、4位となっている。
《》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集