初日の出暴走で151台に整備命令---国交省

自動車 社会 社会

国土交通省は、年末から元旦にかけて実施した特別街頭検査結果をまとめた。街頭検査は、車両が保安基準に適合しているかや、整備不良がないかどうかを抜き打ちで調べる国交省版“検問”だ。先月30日から今年の元旦までの3日間、首都圏18カ所で実施した。

この結果、四輪139台、二輪12台の合わせて151台を検査し、このうちマフラーを外すなどの不正改造車、111台に整備命令書を出した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集