【トヨタ『プレミオ/アリオン』発表】『カローラ』から模索している「セダンの改革」

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ『プレミオ/アリオン』発表】『カローラ』から模索している「セダンの改革」
  • 【トヨタ『プレミオ/アリオン』発表】『カローラ』から模索している「セダンの改革」
  • 【トヨタ『プレミオ/アリオン』発表】『カローラ』から模索している「セダンの改革」
  • 【トヨタ『プレミオ/アリオン』発表】『カローラ』から模索している「セダンの改革」
トヨタは、現在6割のシェアを持っているセダンの将来について、「今のままではダメ」と考え、『カローラ』から“セダンの改革”を進めているのだという。『プレミオ/アリオン』では、従来の日本の「線の細い」セダンから脱却し、「構えの良さ」を強調した新しいスタイルを提案している。

トヨタ第2デザイン室の池田亮デザイナーによると、プレミオ/アリオンは国内専用車種だが、開発段階においては「世界に通用する」ことを目指して「デザインとしてのダイナミックさ」を表現したという。

「新しいセダンとしての1つの回答」であるプレミオ/アリオンは、従来の『コロナ』『カリーナ』の雰囲気も残っているが、これはあえて狙ったものではなく、開発者のカラダに染み込んだ今までの長い歴史から「醸し出された」ものなのだという。
《》

編集部おすすめのニュース

特集