【2002パリ〜ダカールラリー】三菱『パジェロ』シェイクダウン…自信の増岡、篠塚

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

【2002パリ〜ダカールラリー】三菱『パジェロ』シェイクダウン…自信の増岡、篠塚
  • 【2002パリ〜ダカールラリー】三菱『パジェロ』シェイクダウン…自信の増岡、篠塚
19日−20日、三菱チームが2002パリ〜ダカールラリーに向け、フランス中央部ルクレッソにあるオフロード・コースで、三菱『パジェロ』スーパープロダクション仕様のシェイクダウン・テストを行った。

増岡浩、篠塚建次郎(いずれもチーム日石三菱ラリーアート)、女性初優勝のユタ・クラインシュミット(ドイツ、チーム三菱ラリーアート)、ジャン・ピエール・フォントネ(フランス、チーム三菱ラリーアート)らが山岳コースを駆けめぐった。

約3kmのコースを数周した増岡は「問題ない。ジャンプの着地もスムーズだし、加速もいい。パリダカは何が起こるか分からないが、今の時点で負ける気はしない」と自信を見せた。

篠塚はブレーキとサスペンションが自分のドライビングスタイルに、合わないようだった。「気になるところがあるので手を加えてもらう。クルマはよくなっているので、三菱同士の争いになる可能性もある」と語った。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集