ホンダが電動アシストサイクル共同利用システム「ホンダ・サイクルパートナー」を事業化

自動車 テクノロジー ITS
ホンダが電動アシストサイクル共同利用システム「ホンダ・サイクルパートナー」を事業化
  • ホンダが電動アシストサイクル共同利用システム「ホンダ・サイクルパートナー」を事業化
ホンダは、電動アシストサイクルを共同利用するシステム「ホンダ・サイクルパートナー」のセット販売を12月4日より開始した(既報)。

集合住宅などの駐輪スペースに「ポート」を設置、その住民が周辺の移動のために電動アシストサイクルを共同で利用するシステム。ユーザーは専用IDカードを所持し、システムは、(1)車両の充電・料状況が把握できるキー管理ボックス、(2)充電機能をもった駐輪機、(3)『ラクーン』(26インチ、24インチ)と『ステップコンポ』(16インチ)から選択できる電動アシストサイクルの3点で構成される。将来的には、電動四輪車いす『モンパル』の適用も想定している。

1998年10月からツインリンクもてぎにおいて、電動カー『シティパル』やラクーンなどを用いて“ICVS”=インテリジェント・コミュニティ・ビークル・システムのデモンストレーションを行なってきた。その実用化に向け、大きな第一歩を踏み出したといえる。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集