新車登録台数、前年割れか---好調はホンダとシボレー『クルーズ』

自動車 社会 社会

日本自動車販売協会連合会が3日発表した11月の新車登録台数概況は前の年の同じ月にくらべ9.3%減の31万1015台となり3カ月連続のマイナスとなった。失業率の上昇など景気悪化を反映し11月の台数としては平成に入り過去最低となった。12月も厳しい見通しで暦年の新車登録台数は2年ぶりに前年を割り込むことがほぼ確実となった。

11月は普通乗用車が13.9%の2ケタの減少、貨物車も20%減となるなどバスを除く全車種でマイナスとなった。メーカー別ではホンダ、スズキを除く全メーカーが減少しトヨタ自動車は3カ月連続マイナスとなる18%減と大幅な落ち込みとなった。また、いすゞ自動車やマツダ、日産自動車、日産ディーゼル工業が11月として過去最低となった。

ホンダは20%増と21カ月連続のプラス、スズキは台数は少ないがGMと共同開発した新型車の投入により46%のプラスとなった。

1月からの累計では前年同期にくらべ0.3%減で推移しているが昨年12月が10%近い伸びを示す高水準だったため、今年も最低でも10%以上のプラスにならないと昨年の409万5000台には到達しない。しかし11月が約10%減の大幅マイナスとなったことや雇用不安による消費の冷え込みを考慮すると高いハードルといえそうだ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集