【リコール】ASC部品のトラブルで制動力ダウン〜三菱『ギャラン』など

自動車 社会 行政
【リコール】ASC部品のトラブルで制動力ダウン〜三菱『ギャラン』など
  • 【リコール】ASC部品のトラブルで制動力ダウン〜三菱『ギャラン』など
三菱自動車工業は8日、『ギャラン』、『レグナム』の制動装置に不具合があるとして国土交通省にリコールを届け出た。96年8月〜98年8月に生産された1万2376台が対象。

車両の動きを電子制御するアクティブ・スタビリティ・コントロールシステム(ASC)ユニットに組み込まれているガス封入式アキュムレーターに内部ダイヤ不ラムの耐久性が不足しているものがあり、最悪の場合、ガスがブレーキ液に交じってしまい、制動力が低下するおそれがある。対策として全車両、アキュムレーターを対策部品に交換する。これまでに24件の不具合が見つかっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱、まだまだ気を抜かずに品質保証を徹底します!! 画像 三菱、まだまだ気を抜かずに品質保証を徹底します!!
  • 全く売れていない普通車---三菱、日産、マツダ、いすゞが過去最低に 画像 全く売れていない普通車---三菱、日産、マツダ、いすゞが過去最低に
  • 三菱がついに復活!! 軽自動車販売が1年4カ月ぶりにプラスへ 画像 三菱がついに復活!! 軽自動車販売が1年4カ月ぶりにプラスへ
  • 三菱『eKワゴン』受注が2万台突破 画像 三菱『eKワゴン』受注が2万台突破

特集