運転中、突然シートがリクライニングするクルマ

自動車 社会 社会

サターンは昨年、13万6300台の94/95年モデル車を、シートリクライニングの不備のためにリコールした。これは運転中に突然シートがリクライニング状態となる、というクレームが寄せられたため。

しかしNHTSAは同じモデルイヤーの車でリコールの対象となっていないおよそ40万台についても、同様の欠陥の疑いがある、として調査を開始すると発表。実はサターンがリコールを行ってから、同様の問題が起きたというクレームが300件以上も寄せられている。もしモデルイヤーのすべてについて欠陥が証明されれば大量リコールにつながることになる。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集