【東京ショー速報 Vol. 27】クライスラー、コンセプトカー『JAVA』市販へ

自動車 ニューモデル モーターショー
クライスラーのブースの中で、日本人が好きそうなクルマのナンバーワンといえば、やはり小型ミニバンのコンセプトモデル、『JAVA』。全長わずか3.7メートルというコンパクトボディながら、4人がゆったり乗るのに十分なスペースを持つ。

このJAVAについてクライスラーの首脳は「我われがこの種のコンセプトモデルを市販することは珍しくない」と、市販を濃厚に匂わせた。1.4リットル直噴ガソリンエンジンを搭載する『JAVA』のライバルとなりそうなのはマツダ・デミオ、日産キューブ、トヨタ・ラウムなどだろう。


《井元康一郎》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集