トヨタ ミライ(MIRAI)に関するニュースまとめ一覧

関連インデックス
トヨタ自動車 燃料電池 FC ホンダ FCX 電気自動車 EV、PHEV、PHV
トヨタ、新型 MIRAI 用ベースの第2世代燃料電池モジュールを欧州生産へ…2022年1月から 画像
自動車 ビジネス

トヨタ、新型 MIRAI 用ベースの第2世代燃料電池モジュールを欧州生産へ…2022年1月から

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は12月2日、第2世代の燃料電池モジュールの生産を、2022年1月から欧州で開始すると発表した。

トヨタ ミライ 新型、12月米国発売…航続は約30%延長 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ ミライ 新型、12月米国発売…航続は約30%延長

トヨタ自動車の米国部門は11月18日、燃料電池車の『ミライ』(Toyota Mirai)の新型を12月、米国市場で発売すると発表した。現地ベース価格は、4万9500ドル(約565万円)だ。

ヤマハの水素V8エンジンに、バイオ燃料CX-5も…スーパー耐久で「カーボンニュートラル社会を目指す」展示 画像
自動車 ビジネス

ヤマハの水素V8エンジンに、バイオ燃料CX-5も…スーパー耐久で「カーボンニュートラル社会を目指す」展示

トヨタとカーボンニュートラルに賛同するメーカーが共同で、岡山国際サーキットのイベント広場に、水素のつくる・はこぶ・つかうを訴求する展示と、カーボンニュートラルに対する取り組みの展示を行った。

【日本カーオブザイヤー2021-2022】GR 86/BRZやノートなど、10ベストカーへ進出 画像
自動車 ビジネス

【日本カーオブザイヤー2021-2022】GR 86/BRZやノートなど、10ベストカーへ進出

「2021-2022 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を決める第1次選考が11月5日に行われ、全29台のノミネート車の中から、最終選考会に進む上位10台の「10ベストカー」が選出された(主催:日本カー・オブ・ザ・イヤー事務局)。

トヨタ ミライ 新型、ギネス世界記録…水素補給なしで1360km走行 画像
自動車 ビジネス

トヨタ ミライ 新型、ギネス世界記録…水素補給なしで1360km走行

◆2日間の走行で新型ミライは5.65kgの水素を消費 ◆米国仕様のカタログ上の航続は最大647km ◆最新の「トヨタ・セーフティ・センス」 ◆12.3インチのマルチメディアタッチスクリーンを標準装備

トヨタ MIRAI、三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」を採用 画像
自動車 ニューモデル

トヨタ MIRAI、三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」を採用

三菱ケミカルのバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO(デュラビオ)」が、トヨタ自動車が2020年12月から販売している燃料電池自動車、新型『MIRAI』のリアヒーターコントロールパネルに採用された。デュラビオがMIRAIに採用されたのは今回が初となる。

新型MIRAI をカーシェア、カレコが都内3ステーションに導入 6時間7600円より 画像
自動車 ビジネス

新型MIRAI をカーシェア、カレコが都内3ステーションに導入 6時間7600円より

カレコ・カーシェアリングクラブは、2020年にフルモデルチェンジしたトヨタの新型『MIRAI』を8月26日より導入すると発表した。

ローソン、都内で弁当配送にFCトラックを活用…実証実験開始 画像
自動車 ビジネス

ローソン、都内で弁当配送にFCトラックを活用…実証実験開始

ローソンは8月10日、トヨタ自動車と日野自動車が共同開発した燃料電池(FC)小型トラックを東京都大田区の配送センターに導入したと発表した。

ジェイテクト、完全自動運転対応のEPS開発…LS と MIRAI に搭載 画像
自動車 テクノロジー

ジェイテクト、完全自動運転対応のEPS開発…LS と MIRAI に搭載

ジェイテクトは電源を含むハードウェア完全二重構造となる電動パワーステアリング(EPS)を開発。2021年4月に発売されたレクサス『LS』およびトヨタ『MIRAI』新型の一部車両に搭載された。

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターやナビゲーションシステム開発…新型LS/MIRAI搭載 画像
自動車 テクノロジー

アイシン、高度運転支援技術向けにドライバーモニターやナビゲーションシステム開発…新型LS/MIRAI搭載

アイシンが開発したドライバーモニターシステムとナビゲーションシステム&高精度地図が、高度運転支援技術「アドバンストドライブ」向け商品としてトヨタ『MIRAI』およびレクサス新型『LS』に採用された。

トヨタ MIRAI 新型を「KINTO」に導入、燃料電池技術普及へ…欧州 画像
エコカー

トヨタ MIRAI 新型を「KINTO」に導入、燃料電池技術普及へ…欧州

トヨタ自動車の欧州部門は6月23日、新車のサブスクリプションを手がける「KINTO」が燃料電池車の『ミライ』(Toyota MIRAI)新型を、スウェーデンに導入すると発表した。

デンソーテンとトヨタ、冗長電源モジュールを共同開発…高度運転支援技術などに貢献 画像
自動車 テクノロジー

デンソーテンとトヨタ、冗長電源モジュールを共同開発…高度運転支援技術などに貢献

デンソーテンは、高度運転支援技術と安全性能向上に貢献する「冗長電源モジュール」をトヨタ自動車と共同開発したと発表した。

トヨタ MIRAI 新型、航続1000km超え---燃料電池車の世界新記録 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ MIRAI 新型、航続1000km超え---燃料電池車の世界新記録

◆低重心プラットフォームの「TNGA」 ◆0-100km/h加速9秒で最高速175km/h ◆1003kmを走行して平均の水素消費量は0.55kg/100km

トヨタ MIRAI の燃料電池技術、エッフェル塔を照らす…定置型水素発電機で 画像
モータースポーツ/エンタメ

トヨタ MIRAI の燃料電池技術、エッフェル塔を照らす…定置型水素発電機で

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門は5月26日、新型『MIRAI』(ミライ)の燃料電池技術を応用したゼロエミッションの定置型水素発電機から得た電力によって、フランス・パリのエッフェル塔を照らし出すことに成功した、と発表した。

【トヨタ MIRAI 新型試乗】存在するだけで尊い…岩貞るみこ 画像
試乗記

【トヨタ MIRAI 新型試乗】存在するだけで尊い…岩貞るみこ

リッチでゴージャスな雰囲気は、水素で走る特別なクルマ感がうまく表現できていると思う。私、好きだし、このデザイン。でも、全長4975mmは大きいけれど。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 15