ヤマト運輸、ヤマトホールディングスに関するニュースまとめ一覧(2 ページ目)

関連インデックス
佐川急便、SGホールディングスグループ 日本通運
ヤマト運輸、EV小型トラック eキャンター 25台を順次導入へ 画像
エコカー

ヤマト運輸、EV小型トラック eキャンター 25台を順次導入へ

ヤマト運輸は、三菱ふそうトラック・バス(MFTBC)が開発した電気(EV)小型トラック「eキャンター」25台を11月より関東地域の集配車両として順次導入すると発表した。

ヤマト運輸とトヨタ三重共販が共同物流---部品をヤマト運輸のトラックに混載 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸とトヨタ三重共販が共同物流---部品をヤマト運輸のトラックに混載

ヤマト運輸はトヨタ部品三重共販と提携し、10月3日から三重県内の一部ルートで、ヤマト運輸が事業所間で運行するトラックの荷台スペースを活用し両社の荷物を混載して輸送する共同物流を開始すると発表した。

夜間配達に特化したドライバーを配置など、働き方改革…ヤマトHDの中期経営計画 画像
自動車 ビジネス

夜間配達に特化したドライバーを配置など、働き方改革…ヤマトHDの中期経営計画

ヤマトホールディングスは、2019年の創業100周年に向けたグループ中期経営計画「KAIKAKU 2019 for NEXT100」を策定した。

ヤマト運輸、奈良県で路線バスを利用して「客貨混載」を実施へ---中山間部 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、奈良県で路線バスを利用して「客貨混載」を実施へ---中山間部

ヤマト運輸は、奈良県、宇陀地域公共交通活性化協議会、奈良交通と協力して、路線バス・コミュニティバスで宅急便を輸送する「客貨混載」を奈良県で初めて実施すると発表した。

訪日外国人に手ぶら観光サービス…送り状不要、JTBやパナソニックなど共同で提供 画像
自動車 ビジネス

訪日外国人に手ぶら観光サービス…送り状不要、JTBやパナソニックなど共同で提供

JTBとパナソニック、ヤマトホールディングスは、訪日外国人旅行者に向けて、手ぶらで旅行を楽しんでもらうため、国内における手ぶら観光を支援するサービス「ラゲージ・フリー・トラベル」サービスを提供する。

ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、車両長25mの連結トレーラを日本初導入へ

ヤマト運輸は9月19日、ドライバー不足対応と効率的な幹線輸送を目的に、車両長25mの「スーパーフルトレーラ25」を日本初導入し、年内に厚木、中部、関西の各ゲートウェイ(GW)間で運行開始すると発表した。

自動運転による配送を想定した「ロボネコヤマト」実証実験のエリアを拡大…リピーター4割 画像
自動車 ビジネス

自動運転による配送を想定した「ロボネコヤマト」実証実験のエリアを拡大…リピーター4割

ヤマト運輸とディー・エヌ・エー(DeNA)は、自動運転車による配送を想定した次世代物流サービスの実証実験プロジェクト「ロボネコヤマト」の配送対象エリアを9月11日から辻堂地区に拡大する。

ヤマト運輸、北海道天塩町で「バス客貨混載」をスタート…魚介を翌日午前中には東京のレストランに 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、北海道天塩町で「バス客貨混載」をスタート…魚介を翌日午前中には東京のレストランに

ヤマト運輸は、沿岸バス、北海道天塩町と連携協定を締結し、9月1日から天塩町~豊富町間の路線バスで客貨混載を開始したと発表した。

東京の水上バスで「客貨混載」実証実験…手ぶらで観光&代替ルート 画像
自動車 ビジネス

東京の水上バスで「客貨混載」実証実験…手ぶらで観光&代替ルート

東京の隅田川を行き来する水上バスでの「客貨混載」実証実験が10日、始まった。墨田区の吾妻橋(東詰)から中央区明石町の聖路加ガーデン前までの第一便が報道陣に公開された。

ヤマト運輸、ドライバーの業務負担を軽減する新型保冷車を開発 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、ドライバーの業務負担を軽減する新型保冷車を開発

ヤマト運輸は、夜間電力で蓄電が可能な蓄冷板を活用することでクール宅急便の車載保冷スペースを保冷できる新型車両を7月から順次導入を開始した。

ヤマト運輸、水上バスによる「客貨混載」を実証実験へ 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、水上バスによる「客貨混載」を実証実験へ

ヤマト運輸は、東京都、東京都公園協会と共同で、東京都が所有する防災船で、平常時、公園協会が「東京水辺ライン」として旅客運航している水上バスを活用した「客貨混載」の実証実験を実施する。

ヤマトHDが営業赤字100億円…ドライバー不足で外部委託コスト増加 2017年4-6月期 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHDが営業赤字100億円…ドライバー不足で外部委託コスト増加 2017年4-6月期

ヤマトホールディングスが発表した2017年4~6月期(第1四半期)の連結決算は営業損益が100億円の赤字となった。前年同期は74億3300万円の黒字だった。

宅配便の取扱個数が過去最高、40億個突破…ドライバー不足の原因 2016年度 画像
自動車 ビジネス

宅配便の取扱個数が過去最高、40億個突破…ドライバー不足の原因 2016年度

国土交通省が発表した2016年度の宅配便取扱個数は前年度比7.3%増の40億1861万個と初めて40億個を突破して過去最高となった。インターネット通販の普及などで宅配便の需要は高水準で推移している。

スマートな物流を実現…ヤマト運輸など「物流環境保全活動賞」を受賞 画像
自動車 ビジネス

スマートな物流を実現…ヤマト運輸など「物流環境保全活動賞」を受賞

一般社団法人日本物流団体連合会主催の第18回物流環境大賞において、一括配送など街の物流インフラを担う「Next Delivery SQUARE(ネクストデリバリースクエア)」が、「物流環境保全活動賞」を受賞した。物流効率化など環境負荷を低減する取り組みが評価された。

ヤマト運輸、全但バスと「客貨混載」を開始…物流効率化とバス路線網維持 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、全但バスと「客貨混載」を開始…物流効率化とバス路線網維持

ヤマト運輸は、全但バスと6月22日から兵庫県の県北に位置する豊岡市内の江原地区と神鍋高原地区を結ぶ路線バスで「客貨混載」を開始した。

ヤマトHDの未払い残業代、1.2万人申告者増加と追加で40億円 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHDの未払い残業代、1.2万人申告者増加と追加で40億円

ヤマトホールディングスは、未払い残業代として支給する一時金(特別給付賃金)が追加で40億円増えると発表した。

【新聞ウォッチ】クロネコヤマトの宅急便、時間指定見直しなど新サービス開始 画像
自動車 ビジネス

【新聞ウォッチ】クロネコヤマトの宅急便、時間指定見直しなど新サービス開始

クロネコヤマトの宅急便でおなじみの宅配最大手のヤマト運輸が苦渋の決断を下した新たなサービスが、ついに始まった。人手不足で宅配便の取扱量急増に伴うドライバーの過重な負担を軽減するための見直しだが・・・、

ヤマト運輸、「配達時間帯」指定枠変更を実施 6月19日から 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、「配達時間帯」指定枠変更を実施 6月19日から

ヤマト運輸は19日から宅急便の「配達時間帯」指定枠を変更する。送り主が指定できる時間帯を5区とし、12~14時の時間帯指定は廃止する。

デンソー、リチウムイオンバッテリー採用の車載用冷凍機を開発 画像
自動車 ビジネス

デンソー、リチウムイオンバッテリー採用の車載用冷凍機を開発

デンソーは5月26日、アイドリングストップ等のエンジン停止時間にも冷凍運転できる冷凍機を進化させた新製品「車載用リチウムイオンバッテリー式冷凍機」を開発したと発表した。

ヤマト運輸、「宅急便」料金の値上げを正式決定 10月1日から140~180円上乗せ 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、「宅急便」料金の値上げを正式決定 10月1日から140~180円上乗せ

ヤマト運輸は、10月1日から宅急便の基本運賃を値上げすると正式決定した。基本運賃の改定にあわせ、宅急便の新たな割引制度や新サービスを開始する。

大型宅急便「ヤマト便」も値上げ…106~158% 6月19日から 画像
自動車 ビジネス

大型宅急便「ヤマト便」も値上げ…106~158% 6月19日から

通常の宅急便規格では送ることのできない大型荷物を取り扱う「ヤマト便」。ヤマト運輸は、宅急便とともにヤマト便についての値上げとサービス内容の変更を公表した。

宅急便140~180円の値上げ...ヤマト運輸 画像
自動車 ビジネス

宅急便140~180円の値上げ...ヤマト運輸

ヤマトホールディングスとヤマト運輸は、2017年度の「デリバリー事業の構造改革」を発表。その中で、宅急便の基本運賃などを9月末日までに改定することを発表した。

ヤマト運輸、「デリバリー事業の構造改革」について発表 画像
自動車 ビジネス

ヤマト運輸、「デリバリー事業の構造改革」について発表

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は、2017年度「デリバリー事業の構造改革」の内容を決定、4月28日に概要を公表した。「構造改革」は、企業価値向上に向けた持続的成長と収益力強化を目的とする。

【新聞ウォッチ】クロネコヤマトの宅急便、基本運賃5~20%値上げへ 9月にも 画像
モーターサイクル

【新聞ウォッチ】クロネコヤマトの宅急便、基本運賃5~20%値上げへ 9月にも

今に始まったことではないが、企業ニュースを伝える速さは、日経の独壇場と言ってもいいだろう。とくに最近の話題として「働き方改革」に取り組む宅配最大手のヤマト運輸については日経が取り上げてから他紙が追随するケースが際立つ。

ヤマトHD、下方修正約40%---営業利益240億円減など 画像
自動車 ビジネス

ヤマトHD、下方修正約40%---営業利益240億円減など

ヤマト運輸など関連約50社を束ねるヤマト・ホールディングスは18日、連結業績予想について当初予想を下回る下方修正を行った。

    前 < 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 ・・・> 次 >> 末尾
Page 2 of 12