パナソニック ストラーダ HDS930長期リポートに関するニュースまとめ一覧

【ストラーダ HDS930長期リポート その9】クルマの中が映画館に早変わり 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その9】クルマの中が映画館に早変わり

電話番号を使って行き先を設定するという、初心者にとってもハードルの低い方法で伊豆半島まで到着。いちご狩りを堪能した女性読者代表のまいちゃん。タッチパネルでほとんどのコントロールができるパナソニック『ストラーダHDS930』が気に入ったようす。

【ストラーダ HDS930長期リポート その8】電話番号をタッチしてドライブの目的地を決めよう 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その8】電話番号をタッチしてドライブの目的地を決めよう

「ナビを使えるようになった記念にどこかに出かけましょう」と提案し、小旅行に出かけることに。どこへ行こうかと迷っていると、ガイドブックのカラーページに載っていた“いちご狩り”のページが飛び込んできた。

【ストラーダ HDS930長期リポート その7】わかりやすいHMIはナビ初心者にも対応 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その7】わかりやすいHMIはナビ初心者にも対応

ドライブ好きな女性というのは意外に多いものだが、そんな彼女たちに「カーナビ使ってる?」と聞くと、だいたいにおいて返事は「ノー」だ。カーナビが付いているクルマであっても、それを使いこなすどころか、触れるのさえ怖いというのが本音のようだ。

【ストラーダ HDS930長期リポート その6】ハイエンドモデルは本当に高いのか 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その6】ハイエンドモデルは本当に高いのか

ハイエンドモデルという言葉にはさまざまな意味が含まれている。それは「高級感」であるとか「多機能」といったポジティブなイメージがあることはもちろん、聞く人によっては「値段が高い」や「敷居も高い」といったネガティブなイメージも受けるだろう。

【ストラーダ HDS930長期リポート その5】VGA画面の美しさを堪能する 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その5】VGA画面の美しさを堪能する

パナソニック『ストラーダ』のハイエンドモデル「F-CLASS」の特長は800×480ドット、115万2000画素という密度の高精細ワイドVGAモニターだ。そしてこのモニターに表示される地図こそがF-CLASS最大の自慢でもある。

【ストラーダ HDS930長期リポート その4】D2端子装備でデジタル化の準備もOK 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その4】D2端子装備でデジタル化の準備もOK

パナソニック『ストラーダ』シリーズのハイエンドモデル「F-CLASS」には、ライバルにはない、ストラーダだけの機能を備えている。それが地上デジタル放送用の外部チューナー接続を視野に入れたD2映像入力端子の装備だ。

【ストラーダ HDS930長期リポート その3】デザインにもこだわりを見せる 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その3】デザインにもこだわりを見せる

ストラーダ『HDS930』は、パナソニック・オートモーティブズ・システムズ社(PAS社)が、市販モデルとしては初めてラインナップした2DINモデルだ。2DIN-AVNといえば「表面の大部分を液晶パネルが占める」という姿をすぐに思い浮かべる。

【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その2】2DINモデルだからインパネにジャストフィット

最近の流行はインダッシュモニターを備えたカーナビだが、モニターを立てたときにエアコンの吹き出し口を遮ってしまったり、出し入れする際にシフトノブと干渉するクルマは多い。見栄えよい取り付けを実現する2DIN-AVNの登場は以前から期待されていた。

【ストラーダ HDS930長期リポート その1】待望の2DIN-AVNモデル、ついに登場 画像
自動車 テクノロジー

【ストラーダ HDS930長期リポート その1】待望の2DIN-AVNモデル、ついに登場

パナソニック『ストラーダ』シリーズで、ハイエンドに位置するのが「F-CLASS」と呼ばれるモデル。これまでインダッシュとオンダッシュのモニターを組み合わせる2タイプがラインナップされていたが、2DIN-AVNの『HDS930』が新たに追加された。

    Page 1 of 1