ホンダ インサイトに関するニュースまとめ一覧(8 ページ目)

世界は、新しい価値観を求めている。
正しさの先へ。常識の先へ。承認欲求の先へ。
あなたが思うより、あなたは自由だ。
他人の評価に惑わされず、
ただ、美しいと信じるほうへ走りだせばいい。

あなたは あなたを、走れ。

ホンダ NEW INSIGHT.

詳しくはこちら

  • 【ホンダ インサイト 新型】現実主義の女心を心得た、自由に生きる人生を楽しむためのパートナー

    ホンダ インサイト

    瞳を大きく輝かせた思い出たちが、女性に凛とした強さとしなやかさを生み出すように、時代を切り開いたクルマたちもまた、未来への確信とさらなる希望をもたらしてくれる。贅沢なアルミボディのハイブリッド2シーターとして1999年に登場し、低燃費世界一を達成して私たちをアッと驚かせた初代『インサイト』から、もうすぐ20年。価格もキャラクターもフレンドリーになった2代目インサイトの功績もあって、今では街のそこかしこでハイブリッドカーを見かける、誰もが夢に見た世界が広がっている。

    続きを読む
  • 【ホンダ インサイト 新型】「セダンの本質を知っている人に選んでほしい」、変わりつつあるHVの価値に新提案…デザイナーインタビュー

    ホンダ インサイト

    新型『インサイト』は、しっとりとして落ち着いたたたずまいを見せる。ハイブリッドだからという特別な演出はなく、セダンとしてのフォーマルさを重視したシックな装いだ。これはどのような意図でデザインされたものなのだろうか。インサイトのデザインを担当したデザイナー陣に聞いた。

    続きを読む
  • 【ホンダ インサイト 新型】「デザインを性能に具現化」、作り込まれたプライムセダン…開発者インタビュー

    ホンダ インサイト

    新型インサイトのコンセプトキーワードのひとつが「プライム」だ。ただ高級であるとか高価であるのとは違った「上質な」という意味が込められている。上質であることは「タイムレス」「ミニマム」という言葉でも表現できるとする。これらは新型インサイトの国内プレリリースの席で、開発責任者である堀川克己氏が語った言葉だが、その意味について、堀川氏以下、内外装、電装品、プラットフォームなど各部の開発に携わったエンジニアに、それぞれの立場で語ってもらった。

    続きを読む
  • ミドルクラスセダン復権の兆し!? 注目4車種デザイン比較…インサイト、カムリほか

    ホンダ インサイト

    日本では、セダン人気の低迷が囁かれて久しい。市場の主役は、コンパクトクラスではハッチバックとSUV、それ以上のクラスではミニバンとSUVが担っている。かつてはどのクラスでも「基本中の基本」として数多くのセダンが存在していたが、いまやすっかり少数派になってしまった。しかし世界を見渡せば、先進国でも新興国でも「フォーマルさ」というセダンの価値は変わっていない。日本でもラージクラスでは法人需要が確実に存在しているし、大衆レベルでも生活道具としてのミニバンやSUVとは一線を画したフォーマルさを求める層が存在する。

    続きを読む
関連インデックス
ホンダ(本田技研工業) ホンダ CR-Z ハイブリッドカー HV
中古車「ほしいカー」ランキング、1位が決定 画像
モータースポーツ/エンタメ

中古車「ほしいカー」ランキング、1位が決定

『カーセンサー』が1万人を対象に調査した「ほしいカー」ランキングを掲載している。総合ランキング1位はホンダ『インサイト』。現行は100万円台前半から買える。

ホンダインサイト、「米国で人気回復」…副社長発言 画像
自動車 ビジネス

ホンダインサイト、「米国で人気回復」…副社長発言

ホンダのハイブリッドセダン、『インサイト』。ライバルのトヨタ『プリウス』に対して、米国での販売は苦戦中だが、ホンダの米国法人の重役は、今後セールスが回復するとの見方を示した。

登録車販売ランキング、プリウス 20か月連続トップ…12月車名別 画像
自動車 ビジネス

登録車販売ランキング、プリウス 20か月連続トップ…12月車名別

日本自動車販売協会連合会が発表した2010年12月の乗用車車名別販売台数ランキング(軽除く)によると、トヨタ『プリウス』が2万2594台とトップとなった。これで20か月連続トップ。

ハイブリッドだけのサーキットイベント…インサイト が優勝 画像
モータースポーツ/エンタメ

ハイブリッドだけのサーキットイベント…インサイト が優勝

富士スピードウェイは10月16日、一周867mのショートサーキットにおいて、市販ハイブリッドカーオーナーが参加するレースイベント「第2回エコカーカップ」を開催した。

【実燃費ランキング】プリウス の独壇場…牙城を崩すのは フィット? 画像
エコカー

【実燃費ランキング】プリウス の独壇場…牙城を崩すのは フィット?

ケータイ燃費管理サイト『e燃費』に投稿された実燃費ランキングをチェック! 今回は9月、1か月間のハイブリッドモデルの実燃費に注目した。

ホンダ インサイト にスポーティな装備を新設定 画像
自動車 ニューモデル

ホンダ インサイト にスポーティな装備を新設定

ホンダアクセスは、モデルチェンジしたハイブリッドカー『インサイト』をよりスポーティにするスポーツサスペンションなどを追加設定し、10月8日から販売開始した。

ホンダ インサイト 改良…上級路線で フィットHV と差別化 画像
自動車 ニューモデル

ホンダ インサイト 改良…上級路線で フィットHV と差別化

ホンダは、ハイブリッドカー『インサイト』を一部改良して10月8日から販売開始した。

ホンダ、リンクアップフリーとインターナビルートの同時サービス 画像
自動車 テクノロジー

ホンダ、リンクアップフリーとインターナビルートの同時サービス

ホンダは、通信費無料のリンクアップフリーとインターナビ・ルートを同時に採用した、「ホンダHDDインターナビシステム+リンクアップフリー」を設定した。

【福祉機器展10】ホンダがテックマチックシステムDタイプ装着車などを出展 画像
自動車 ビジネス

【福祉機器展10】ホンダがテックマチックシステムDタイプ装着車などを出展

ホンダは、9月29日から10月1日まで東京ビッグサイトで開催される第37回国際福祉機器展に、今年7月に発売した『インサイト』用「ホンダ・テックマチックシステムDタイプ(フロア式)」装着車などを出展する。

【実燃費対決】CR-Z、インサイト、シビック…ホンダHVバトル! 画像
エコカー

【実燃費対決】CR-Z、インサイト、シビック…ホンダHVバトル!

ケータイ燃費管理サイト『e燃費』に投稿された実燃費ランキングをチェック! 『フィットハイブリッド』の登場も控えたホンダの現行ハイブリッド車を徹底比較する。

【e燃費チャレンジ】プリウスとインサイト、スムーズドライビングの違い…萩原秀輝 画像
エコカー

【e燃費チャレンジ】プリウスとインサイト、スムーズドライビングの違い…萩原秀輝

レポーターは、燃費についてひとつの考えを持っている。オーナーやジャーナリストが創意工夫を凝らし、燃費を向上させるための扱い方や走らせ方を発見するのは価値あることだと思うし、クルマの新しい楽しみ方にもつながるはずだ。

【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドシステムによってエコランのコツは異なる 画像
エコカー

【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドシステムによってエコランのコツは異なる

現行モデルのハイブリッドカーオーナーを対象としたサーキットイベント「e燃費チャレンジ 2010 in 袖ヶ浦フォレストレースウェイ」が開催された。『プリウス』と『インサイト』のハイブリッドシステムの違いがどう結果に影響したのか。

【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドでのサーキット走行を終えて参加者の感想は 画像
自動車 ニューモデル

【e燃費チャレンジ 2010】ハイブリッドでのサーキット走行を終えて参加者の感想は

7月24日に行われたエコラン競技大会「e燃費チャレンジ 2010 in 袖ヶ浦フォレストレースウェイ」。参加者はベテランからハイブリッドカーには乗りはじめたばかりというドライバーなどさまざま。競技コースを走り終えた参加者に感想を聞いた。

【e燃費チャレンジ 2010】トップ3を独占したのは… 画像
エコカー

【e燃費チャレンジ 2010】トップ3を独占したのは…

第1回開催となる『e燃費チャレンジ』は、サーキットを舞台に、卓越した燃費性能で人気を博している販売中のコンパクトハイブリッドカーをいかに少ないガソリンで走らせるかがテーマ。

【e燃費チャレンジ 2010】写真蔵…スムーズ&エコなハイブリッドドライビングに挑戦 画像
エコカー

【e燃費チャレンジ 2010】写真蔵…スムーズ&エコなハイブリッドドライビングに挑戦

7月24日、『e燃費チャレンジ 2010 in 袖ヶ浦フォレストレースウェイ』が開催された。e燃費チャレンジはケータイクルマネージャー『e燃費』主催によるハイブリッドカーオーナーを対象とした燃費競技大会。

    先頭 << 前 < 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 8 of 23