ホンダ インサイト 新型に新コネクト、操作はスマホ感覚…デトロイトモーターショー2018で発表

ホンダの米国法人、アメリカンホンダは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018で初公開した新型『インサイト』のプロトタイプに、最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

自動車 ニューモデル モーターショー
ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ(デトロイトモーターショー2018)
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
  • ホンダ・インサイト新型のプロトタイプ
ホンダの米国法人、アメリカンホンダは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018で初公開した新型『インサイト』のプロトタイプに、最新のコネクティビティを搭載すると発表した。

新型インサイトは3世代目。インサイトの名前が、およそ4年ぶりに復活を果たす。新型インサイトは、ホンダの乗用車ラインナップでは、『シビック』の上に位置する5名乗りのセダンとなる。

新型インサイトでは、車載コネクティビティを充実させているのが特徴。8インチのディスプレイオーディオは、タッチスクリーン方式。ドライバー正面には、7インチのデジタルLCDメーターも配置する。

また、ダッシュボード中央のディスプレイは、スマートフォンのような機能や操作性を追求。アップル社のCarPlayとグーグルのAndroid Autoにも対応。Wi-Fiによる無線アップデートも可能にしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集