2019年8月のスバル(ブランド、自動車)に関するニュースまとめ一覧

メーカーとしての原点を、戦前の航空機メーカー中島飛行機に持ち、創業期に元航空技術者たちが自動車開発に携わってきたという歴史から、航空機に通じる機能性・合理性優先で、既成概念に囚われないユニークなメカニズムを特徴とする自動車を多く送り出してきた。そのスタンスは日本の自動車メーカーの中でも、特に技術至上主義の傾向が強い。中でも、自動車技術者百瀬晋六は有名な存在である。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

関連インデックス
SUBARU スバル(コーポレート、企業動向) スバルWRC スバル R1 スバル R2 スバル インプレッサ スバル ヴィヴィオ スバル エクシーガ スバル ジャスティ スバル ステラ スバル デックス スバル トラヴィック スバル BRZ スバル フォレスター スバル プレオ スバル レガシィ スバル コンセプトカー トヨタ自動車 スバル XV スバル アイサイト(EyeSight) スバル サンバー スバル トレジア スバル ルクラ
スバル インプレッサ 大幅改良、仕様・スペックなどを専用サイトで先行公開 画像
自動車 ニューモデル

スバル インプレッサ 大幅改良、仕様・スペックなどを専用サイトで先行公開

SUBARU(スバル)は、今秋発売予定の『インプレッサ』大幅改良モデルに関する事前情報を、8月27日より専用サイトで公開した。

スバル、次世代HEV向けECU開発にANSYS SCADEを活用 自動化で生産性向上 画像
自動車 テクノロジー

スバル、次世代HEV向けECU開発にANSYS SCADEを活用 自動化で生産性向上

SUBARU(スバル)は、次世代ハイブリッド電気自動車(HEV)向け電子制御ユニット(ECU)の開発に最先端組込みソフトウェアソリューション「ANSYS SCADE」を活用。開発プロセスの95%を自動化し、生産性を大幅に高めた。

スバル岡田専務、自動運転は「無人運転ではなくADASを中心に進めていく」 画像
自動車 ビジネス

スバル岡田専務、自動運転は「無人運転ではなくADASを中心に進めていく」

SUBARU(スバル)の岡田稔明専務執行役員は8月5日に開催した2019年度第1四半期連結決算会見で、自動運転について無人運転ではなく、高度運転支援システム(ADAS)を中心に開発を進めていくことを明らかにした。

ライバルはマツダ CX-30!? スバル、新型クーペSUVを2020年投入か 画像
自動車 ニューモデル

ライバルはマツダ CX-30!? スバル、新型クーペSUVを2020年投入か

スバルは、『XV』『フォレスター』『レガシィアウトバック』に続く新型クロスオーバーSUVを発売する可能性が高いことがわかった。

スバル岡田専務「米国販売が非常に好調」…第1四半期営業利益は49%増益 画像
自動車 ビジネス

スバル岡田専務「米国販売が非常に好調」…第1四半期営業利益は49%増益

SUBARU(スバル)が8月5日に発表した2020年3月期の第1四半期(4~6月期)連結決算は、営業利益が922億円(前年同期比48%増)となった。主力の米国販売が好調で2期ぶりの増益になった。また、今期から国際財務報告基準(IFRS)を適用した。

スバル、国内外販売復調で増収増益 2019年4-6月期決算 画像
自動車 ビジネス

スバル、国内外販売復調で増収増益 2019年4-6月期決算

SUBARU(スバル)は8月5日、2019年4~6月期(第1四半期)の連結決算を発表。販売台数増加などにより、増収増益となった。

    Page 1 of 1