1999年11月のリクルート グループに関するニュースまとめ一覧

中古車なら…新車が高値安定のポルシェ911、「ツウ」な1台を選ぶ 画像
モータースポーツ/エンタメ

中古車なら…新車が高値安定のポルシェ911、「ツウ」な1台を選ぶ

『カーセンサーエッジ』11月号 発行:リクルート 定価: 524円(本体価格476円+税)

「犬とクルマ」アーティスト&芸人5人が語る 画像
モータースポーツ/エンタメ

「犬とクルマ」アーティスト&芸人5人が語る

リクルートは、9月20日に中古車情報メディア『カーセンサー』11月号を刊行した。

「辛口」に挑戦するか、「中辛」で完食を狙うか…中古車の話です 画像
モータースポーツ/エンタメ

「辛口」に挑戦するか、「中辛」で完食を狙うか…中古車の話です

人気のスポーツカーを買おうとする。その時に「憧れのあのぐれーどを買わなきゃ」「トップグレードこそ正義」という考えを持っていないだろうか? そう『カーセンサー』10月号が問いかける。固定観念ではないだろうか?

いや、そういうふうに聞かれると…もちろん! マセラティ 画像
自動車 ニューモデル

いや、そういうふうに聞かれると…もちろん! マセラティ

中古車情報誌ではあるが、海外ブランドの魅力を訴求すること大な『カーセンサーエッジ』。10月号が例によって読者に問いかける。問いかけるというか開き直って主張する。マセラティ好きで悪いか! 知ってしまうと戻れなくなるのが「マセラティワールド」だという。

ジープを手放した人はみんな後悔している? またいつの日か… 画像
モータースポーツ/エンタメ

ジープを手放した人はみんな後悔している? またいつの日か…

「創業時から4WDだけを作り続け、タフなクルマの代名詞となった」ジープだ。ブランドの象徴でもある『ラングラー』に5ドアモデルが追加され、昨今のSUV人気もあって、ジープに注目が集まりつつあるという。

運転が苦手・不安、でもSUVに乗りたい…オススメはこちら 画像
モータースポーツ/エンタメ

運転が苦手・不安、でもSUVに乗りたい…オススメはこちら

流行りのSUVに乗りたいのだけど自分じゃ乗りこなせないだろうな……。運転が苦手・不安なドライバー向けに、『カーセンサー』9月号が特集を組んでいる。SUVは、実は運転嫌いにもやさしいクルマなのだという。

オールラウンド・ウルトラ・ハイパフォーマンス、煽りすぎ?…アウディ RSシリーズ 画像
モータースポーツ/エンタメ

オールラウンド・ウルトラ・ハイパフォーマンス、煽りすぎ?…アウディ RSシリーズ

『カーセンサーエッジ』8月号の特集は「Sport of Audi」、世界で唯一のオールラウンド・ウルトラ・ハイパフォーマンスモデルと『カーセンサーエッジ』が定義する、「Audi RS」だ。

いつもと違う夏を! 走れて積めるキャンピングGT---ふつうのGTですね? 画像
モータースポーツ/エンタメ

いつもと違う夏を! 走れて積めるキャンピングGT---ふつうのGTですね?

キャンプ趣味を楽しむならSUVだ。アウトドアが似合うし便利なクルマだ。でも待って! と、『カーセンサー』が8月号で提案するのが“キャンピングGT”だ。走れて積めるキャンピングGTとは?

中古車市場規模は縮小、低価格帯の軽自動車が人気 カーセンサー調べ 画像
自動車 ビジネス

中古車市場規模は縮小、低価格帯の軽自動車が人気 カーセンサー調べ

カーセンサーは、過去1年間に中古車購入を検討した人を対象とした「カーセンサー中古車購入実態調査2020」を実施。コロナ禍の中、低価格帯の軽自動車に注目が集まっていることが明らかになった。

アルピナ所有までのハードルを下げたい 画像
モータースポーツ/エンタメ

アルピナ所有までのハードルを下げたい

『カーセンサーエッジ』を毎号読んでいると、大人のクルマ好きがたどり着く行き先はいろいろあって、7月号はアルピナ。「究極のBMW」という人も多いが、同じBMWの高性能モデル「M」はスポーツに特化しており、アルピナは全く異なる乗り味だという。

50万円から手に入る“三つ星”、贅沢なコンパクトカーがある!! 画像
モータースポーツ/エンタメ

50万円から手に入る“三つ星”、贅沢なコンパクトカーがある!!

『カーセンサー』編集部が、「軽自動車やコンパクトなハッチバックを探している皆さん!」と呼びかけている。小さくて使いやすければなんでもいい、と決めようとするのはもったいない。ステキな選択肢を見逃しているかもしれないという。

WRCが、ニュルが自分のものになる?…ホットハッチに乗りたい 画像
モータースポーツ/エンタメ

WRCが、ニュルが自分のものになる?…ホットハッチに乗りたい

『カーセンサーエッジ』6月号の特集は「ハッチバックをもう一度。」だ。ハッチバックの選択肢は多く、過去の名車も中古車で探すことができ、現役の足として、あるいは趣味の車として活躍しているという。

誰ともかぶらない車に乗りたいなら「ネオクラ」 画像
モータースポーツ/エンタメ

誰ともかぶらない車に乗りたいなら「ネオクラ」

『カーセンサー』編集部によると、一部のエンスーが愛でていた“ネオクラ”=ネオクラッシクカーが、広く世の中から注目を浴び始めているという。そこで6月号では、ブームを牽引する「鉄板」モデルと、知る人ぞ知る「ハズし」モデルを紹介する。

やっぱりフェラーリには「伝統」がある 画像
モータースポーツ/エンタメ

やっぱりフェラーリには「伝統」がある

『カーセンサーエッジ』5月号は、フェラーリの歴史を紐解きながら、その「伝説」に迫ろうとする。崩れたことがない「特別=プレミアム」の法則。高性能GTとしての性能と気品。カタチを変えて受け継がれた2+2。伝説になりつつあるピッコロ・フェラーリから始まった系譜……。

オープンカーには絶対乗るなよ!…忠告:ハマったら抜け出せない 画像
モータースポーツ/エンタメ

オープンカーには絶対乗るなよ!…忠告:ハマったら抜け出せない

『カーセンサー』5月号の特集は魅惑の空活(そらかつ)だ。オープンカーをマイカーとして選ぶ人は限られており、魅力を体験できる人は多くない。しかし、この体験が危険なほど魅惑的で、中毒性をもっているらしい。

    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 …10 …20 ・・・> 次 >> 末尾
Page 1 of 28