赤字額は札幌圏で拡大、それ以外は多くが縮小…JR北海道の2018年度線区別収支状況 2枚目の写真(全3枚)
札幌圏では設備修繕などが続いたことから赤字が拡大。写真は函館本線苗穂駅を発着する731系電車で、同駅は2018年11月に新駅に切り換えられているが、これに関連した不動産取得税を納付したことなどにより、2019年度第1四半期の札幌圏の営業費用が2億5500万円増加したという。
《撮影 佐藤正樹》札幌圏では設備修繕などが続いたことから赤字が拡大。写真は函館本線苗穂駅を発着する731系電車で、同駅は2018年11月に新駅に切り換えられているが、これに関連した不動産取得税を納付したことなどにより、2019年度第1四半期の札幌圏の営業費用が2億5500万円増加したという。
長押しで
自動スライド