鉄道総研の新しい燃料電池ハイブリッド電車が完成…旧型より出力を5割アップ、機器も小型化 2枚目の写真(全3枚)
《出典 公益財団法人鉄道総合技術研究所》2008年に登場した最初の試験電車では、搭載機器が大きくなったため、走行に必要なリチウムイオンバッテリーやラジエター、燃料電池モジュール、電力変換装置は車内に搭載されていた。

編集部おすすめのニュース

  • JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入 画像 JR東日本のBRTがすべてハイブリッドまたはe-BRTに…9月上旬に新車5両を投入
  • JR東日本に新型の燃料電池式ハイブリッド車…世界初、700気圧の高圧水素を用いるFV-E991系 2021年度内に落成 画像 JR東日本に新型の燃料電池式ハイブリッド車…世界初、700気圧の高圧水素を用いるFV-E991系 2021年度内に落成
  • JR東日本に新潟・庄内の食と景観を楽しむ新観光列車…ハイブリッド車の『海里』 2019年10月から運行 画像 JR東日本に新潟・庄内の食と景観を楽しむ新観光列車…ハイブリッド車の『海里』 2019年10月から運行
  • JR東海が2018年度の重点施策を発表…ハイブリッド式特急型気動車の試作車を新製 画像 JR東海が2018年度の重点施策を発表…ハイブリッド式特急型気動車の試作車を新製