ディーゼルカーのルーツが国の重文に、新潟県の二本木駅は交通系登録有形文化財に 文化審議会の3月18日答申 3枚目の写真(全3枚)
《出典 えちごトキめき鉄道》登録有形文化財に指定されることになった二本木駅舎。明治時代の1911年5月に開業した、新潟県内に残る唯一のスイッチバック駅。同駅ではホーム上屋、ホーム待合所、地下道とその上屋、倉庫、ランプ小屋、スイッチバック線の雪囲いも合わせて指定される運びとなっている。

編集部おすすめのニュース

  • 店内では九州のレールを再利用…国の重文「門司港駅」にオープンするスタバ 3月10日 画像 店内では九州のレールを再利用…国の重文「門司港駅」にオープンするスタバ 3月10日
  • JR東日本所有の戦前製電気機関車が重文指定へ---ED40形とED16形の2両 画像 JR東日本所有の戦前製電気機関車が重文指定へ---ED40形とED16形の2両
  • 地下鉄博物館の地下鉄第1号車が車内公開---重文指定後初 11月3-5日 画像 地下鉄博物館の地下鉄第1号車が車内公開---重文指定後初 11月3-5日
  • 東京地下鉄道1001号「重文」の次は「機械遺産」…地下鉄博物館の展示車両 画像 東京地下鉄道1001号「重文」の次は「機械遺産」…地下鉄博物館の展示車両