磐越西線で代行バスのダイヤ見直し…喜多方方面の上り便を増便 11月21日から

磐越西線山都駅。現在、新津からの列車が1日1本折り返している。
  • 磐越西線山都駅。現在、新津からの列車が1日1本折り返している。
  • 磐越西線会津若松~新津間の運行態勢。代行バスは上り最終のみ会津若松まで直通。1往復のみ喜多方~山都間の運行となっている。

JR東日本東北本部、新潟支社は11月17日、8月豪雨の影響でバス代行が行なわれている磐越西線会津若松・喜多方~野沢間について、バスの増便や所要時間の見直しを行なうと発表した。

現在、同区間では下り13本・上り12本の代行バスが運行されているが、11月21日からは野沢17時10分発の上り便が増便される。

同時に、これまでの運行実績を踏まえて所要時間が見直されることにより、下りは荻野~野沢間、上りはほぼ全区間にわたり時刻が変更され、野沢発の上り3本(7時発、11時30分発、18時30分発)は始発時刻がそれぞれ10分または15分繰り上がる。

磐越西線会津若松~新津間の運行態勢。代行バスは上り最終のみ会津若松まで直通。1往復のみ喜多方~山都間の運行となっている。磐越西線会津若松~新津間の運行態勢。代行バスは上り最終のみ会津若松まで直通。1往復のみ喜多方~山都間の運行となっている。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集