トライアンフ、ボンネビルシリーズに新色導入

トライアンフ スピードツインファミリー
  • トライアンフ スピードツインファミリー
  • トライアンフ スピードツイン900
  • トライアンフ スクランブラー900
  • トライアンフ ボンネビルT100
  • トライアンフ ボンネビルT120
  • トライアンフ ボンネビルT120ブラック
  • トライアンフ スピードツイン1200
  • トライアンフ スクランブラー1200

トライアンフモーターサイクルズジャパンは7月5日、今期の『ボンネビル』シリーズ全モデルにエキサイティングな新色を導入すると発表した。

新色導入は昨年10月発売した限定モデル「ゴールドラインエディション」の成功を受けて行うもの。より明るく、より個性的で、より優雅なカラーオプションを求める顧客ニーズに応える。また、新色導入とともにボンネビルファミリーの繋がりと排気量を明確にするため、900ccモデルの名称を変更。『ストリートツイン』は『スピードツイン900』に、『ストリートスクランブラー』は『スクランブラー900』となる。

スピードツイン900(旧ストリートツイン)

今期から名称をストリートツインからスピードツイン900に変更し、クラシックな「トライアンフ ジェットブラック」「マットアイアンストーン」に加え、シルバーとイエローのアクセントで洗練された新色「マットシルバーアイス」の3色を用意。新色はシルバーとイエローのグラフィックを施したマットシルバーアイスの燃料タンク、ジェットブラックのサイドパネル、フロント&リアマッドガードで構成する。

スクランブラー900(旧ストリートスクランブラー)

名称を変更したスクランブラー900も3色展開となり、クラシックな「トライアンフ ジェットブラック」に加え、現代的な新グラフィック「カーニバルレッド/ジェットブラック」、オフロードの伝統を受け継ぐ「マットカーキ」を追加する。カーニバルレッド/ジェットブラックは、カーニバルレッドの燃料タンクにモダンなジェットブラックのストライプのディテール、ジェットブラックのサイドパネル、フレームカウル、マッドガードの組み合わせ。マットカーキは同色の燃料タンクに、ジェットブラックのサイドパネル、フレームカウル、マッドガードで彩られる。

ボンネビルT100

ボンネビルT100にも3つのカラーバリエーションを用意する。時代を超えた「トライアンフ ジェットブラック」、クラシックな「カーニバルレッド/フュージョンホワイト」に加え、オリジナルの1959年のデザインをスタイリッシュに再現した新色「メリデンブルー/タンジェリン」が登場。メリデンブルーのサイドパネルとマッドガードを採用し、タンクには手塗りのシルバーコーチラインがあしらわれている。

ボンネビルT120

ボンネビルT120も3色展開となり、スタイリッシュな「トライアンフ ジェットブラック」、洗練された「コードバンレッド/シルバーアイス」に加え、手塗りのゴールドラインのディテールをタンクに施した「エーゲアンブルー/フュージョンホワイト」を追加。伝統に着想を得た新色はエーゲアンブルーのマッドガード、ジェットブラックのサイドパネルとヘッドライトボウルを採用する。

ボンネビルT120ブラック

クラシックなボンネビルT120ブラックは2色展開。「トライアンフ ジェットブラック」に加え、新色「サファイヤブラック/マットサファイヤブラック」が登場。丁寧にハンドペイントしたタンクのシルバーコーチラインがアクセントとなっている。また、サファイヤブラックのマッドガード、サイドパネル、ヘッドライトボウルも新たに採用する。

スピードツイン1200

スピードツイン1200にはクラシックな「ジェットブラック」、印象的な「レッドホッパー」、そしてスタイリッシュなストームグレイ/アルミニウムシルバーのタンクグラフィックを備えた新色「マットバハオレンジ」の3色を用意。新色では、マットシルバーアイスのフォークプロテクターにマッチするマットストームグレイのサイドパネルとヘッドライトボウルも採用する。

スクランブラー1200XE/スクランブラー1200XC

スクランブラー1200は、洗練された「サファイヤブラック」、クラシックな「マットカーキグリーン/マットジェットブラック」、そしてカーニバルレッドの燃料タンクと、ジェットブラックのタンクストライプ、サイドパネル、ヘッドライトボウルが特徴的な「カーニバルレッド/ジェットブラック」の新カラーの3色で展開する。

ボンネビル ボバー

ボンネビル ボバーは、クラシックな「ジェットブラック」、洗練された「マットストームグレイ/マットアイアンストーン、そして新色「レッドホッパー」の3色を用意。新色はレッドホッパーの燃料タンク、ジェットブラックのサイドパネルとマッドガードを採用する。

ボンネビル スピードマスター

ボンネビル スピードマスターは、クラシックな「ジェットブラック」、スタイリッシュな「サファイヤブラック/フュージョンホワイト」、そして深みのあるコードバンレッドの燃料タンクにジェットブラックのサイドパネル、マッドガード、ヘッドライトボウルを組み合わせた洗練された新色「コードバンレッド」の3色で展開する。

スラクストンRS

カフェレーサーのスラクストンRSは、「ジェットブラック」と新色「コンペティショングリーン/シルバーアイス」の2色を設定する。新色はコンペティショングリーン/シルバーアイスの燃料タンクとシートカウルを備え、ともにゴールドのグラフィックを配置。ジェットブラックのマッドガード、ヘッドライトボウル、サイドパネル、マットシルバーアイスのフォークプロテクターとマッチするグラフィックとなっている。


《纐纈敏也@DAYS》

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集