フランス大統領も注目?『DS 7 クロスバック』マイチェンで最強のPHEV登場か

DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

フレンチラグジュアリー車ブランド「DS」が販売するクロスオーバーSUV、『DS 7 クロスバック』改良新型プロトタイプを、スクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

DS 7 クロスバックは、DS初のSUVとして2017年に登場。2018年からは日本市場にも導入されている。2021年にはブランド初のプラグインハイブリッドとなる「E-TENSE 4x4」が追加された。またフランス大統領専用車として登場した「DS 7 クロスバック ELYSEE」は、E-TENSE 4x4 300よりシャーシが長く、防弾装甲などの安全装備を強化されている。

DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

今回捉えたプロトタイプはフロントとリアをカモフラージュしているが、ラジエーターグリルがクロームインテークを備える新しいメッシュデザインに変更されていることが見てとれるほか、フロントバンパーには新設計のリップディフューザーを装備、ヘッドライトのLEDデイタイムランニングライトも改良される可能性が高い。

後部ではテールライトがスリムに見えるが、これはカモフラージュのためだろう。また統合されたディフューザーとデュアルエキゾーストパイプを備えるリアバンパーは変更されていないようだが、今後着手されると思われる。

DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)DS 7 クロスバック 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

キャビン内では、12インチのデジタルインストルメントクラスターと、12インチのインフォテインメントタッチスクリーンは微調整が加えられていないようだが、より多くの接続機能を備えた最新ソフトウェアを入手するだろう。

パワートレインは、最高出力177psを発揮する2.0リットル直列4気筒ディーゼルターボ、最高出力227psを発揮する1.6リットル直列4気筒ガソリンターボエンジン、システム合計出力300psを発揮するPHEVの「E-TENSE 4x4」はキャリーオーバーされる見込みだ。さらに、最高出力360psまで高められ、EV航続が大幅に延長した最強のPHEVが追加されるとも噂されている。

《Spyder7編集部》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集