福井鉄道に新超低床車F2000形…バリアフリー、省エネ、快適性が向上 2023年春に1編成

F2000形のエクステリア。超低床車のため出入口ステップを省略。VVVFインバータ制御や照明のLED化により、880形比で30%以上の消費電力削減が図られる。
  • F2000形のエクステリア。超低床車のため出入口ステップを省略。VVVFインバータ制御や照明のLED化により、880形比で30%以上の消費電力削減が図られる。
  • F2000形のインテリア。オールロングシートでF1000形より通路幅を拡大。優先座席や車椅子スペースも設けられる。定員は880形より1割程度多い115人で、吊り手や握り棒の数も増える。

福井県の福井鉄道は5月24日、新型車両「F2000形」を2023年春に1編成導入すると発表した。

同車は「お客様と環境に優しい車両」として、従来車よりバリアフリー化や省エネ化、快適性を向上させた新超低床車。

「FUKURAM Liner」という仮称の愛称が付けられていることから、2013年から導入されている超低床電車F1000形「FUKURAM」の流れを汲む車両の模様で、F1000形と同じく3車体連接構造となっている。

F2000形のインテリア。オールロングシートでF1000形より通路幅を拡大。優先座席や車椅子スペースも設けられる。定員は880形より1割程度多い115人で、吊り手や握り棒の数も増える。F2000形のインテリア。オールロングシートでF1000形より通路幅を拡大。優先座席や車椅子スペースも設けられる。定員は880形より1割程度多い115人で、吊り手や握り棒の数も増える。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース

特集