引っ張りタイヤがイケていたのは過去? ホイールリム幅を見直す[カスタムHOW TO]

引っ張りタイヤがイケていたのはもう過去!? タイヤを適正ホイールリム幅に見直す
  • 引っ張りタイヤがイケていたのはもう過去!? タイヤを適正ホイールリム幅に見直す

タイヤの幅には適正なリム幅があり、リム幅には適正なタイヤ幅がある。走り派に定番だったタイヤ幅よりもワイドリムを組み合わせる引っ張りタイヤとは!?

たとえば、215/45R17サイズのタイヤなら適正リム幅は7.0J。7.5Jや8.0Jのリム幅のホイールと組み合わせることを「引っ張っている」という。スポーツ走行派ではリム幅は広めのホイールに、ちょっと幅狭めのタイヤを組み合わせるのが定番。適正リム幅が7Jのところに7.5Jや8Jにするなど、ちょっと欲張ったリム幅を選ぶことが多かった。

また、旧車ではワタナベやハヤシレーシングのホイールに、幅の狭いタイヤを組み合わせて「引っ張り」まくるのが定番。これは当時のスタイルを再現している意味もある。すなわち、70~80年代は引っ張りタイヤが普通だったのである。

●今は「引っ張り」にしてはいけない理由
●それでも引っ張るなら空気圧チェックはこまめに!!

本文(Mycar-life)へ https://www.mycar-life.com/article/2022/04/23/24369.html 

《加茂新》

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース