いまや貴重…京急川崎駅の「パタパタ」発車表示が引退 2月中旬

京急川崎駅設置の「パタパタ」案内表示装置
  • 京急川崎駅設置の「パタパタ」案内表示装置
  • イベントポスター(イメージ)
  • 「パタパタ」発車案内装置引退記念乗車券のイメージ。
  • 「パタパタ」をイメージしたアクリル製キーホルダー(601円)。
  • 「パタパタ」をイメージしたマグネット(501円)。
  • 「パタパタ」をイメージした定規(501円)。

京浜急行電鉄(京急)は1月12日、京急川崎駅(川崎市川崎区)に残る「フラップ式列車発車案内表示装置」の使用を2月中旬に終了すると発表した。

この装置は、文字を上下に分割した複数のフラップを切り換えて案内表示するもので、表示の切換え時に「パタパタパタパタ」という音を奏でることから、いつしか「パタパタ」と呼ばれるようになった。

かつては国鉄の主要駅でも使用されていたが、近年はLED表示に押されてめっきりお目にかかれなくなった。京急では1986年12月、京急川崎駅に導入されたものが最初で、現在のものは更新された2代目となる。最盛期には10駅ほどで使われていたというが、その最後となったのも京急川崎駅だった。

今回は「パタパタ」引退を記念して装置をイメージした記念乗車券が2月5~11日に京急川崎駅で発売される。2000セット限定で発売額は2500円。購入には1月14~20日に京急の特設ウェブサイトでの申込みが必要で、抽選により購入できる。購入は1人1回2セットまで。当落は2月1日までにメールで通知される。

また、2月4日には20人を募集する引退記念特別ナイトツアー(旅行代金1万8000円)が実施され、1月14~20日に特設ウェブサイトで申込みを受け付ける。こちらも抽選制で、1月27日までに当選が通知される。

このほか、2月上旬からは記念グッズも発売される予定。

「パタパタ」発車案内装置引退記念乗車券のイメージ。「パタパタ」発車案内装置引退記念乗車券のイメージ。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース