北陸新幹線の並行在来線が会社名を募集 福井・石川県境-敦賀間

採用者には20万円が授与される福井県内並行在来線の社名募集。
  • 採用者には20万円が授与される福井県内並行在来線の社名募集。
  • 北陸新幹線の並行在来線。紫の破線が福井県内の並行在来線。

福井県並行在来線準備株式会社は、12月1日から福井県内の北陸新幹線並行在来線を運営する会社の名称を募集している。

2024年春に予定されている北陸新幹線敦賀延伸時は、並行在来線の北陸本線金沢~敦賀間がJR西日本から経営分離されるが、このうち福井県内は大聖寺駅(石川県加賀市)に近い石川県との県境から敦賀駅(敦賀市)までの約84kmを運営する。

今回の会社名募集では「地域に密着した『県民鉄道』」として、「わかりやすい」「親しみやすい」「呼びやすい」名称を募集し、応募は福井県並行在来線準備株式会社のウェブサイトかハガキで2022年1月16日(消印有効)まで受け付けている。地域を問わず1回につき1点の応募ができる(1人で複数点の応募も可能)。

北陸新幹線の並行在来線。紫の破線が福井県内の並行在来線。北陸新幹線の並行在来線。紫の破線が福井県内の並行在来線。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース