フェイスブック批判、世界に“拡散”…「安全よりも利益」元社員が証言[新聞ウォッチ]

アメリカ上院小委員会(10月26日)
  • アメリカ上院小委員会(10月26日)
  • 眞子さま・小室さん記者会見(10月26日)
  • ハーツがテスラ10万台を導入へ

世界最大の交流サイトの米フェイスブックへの批判が強まっているという。

欧米メディアが誤情報の拡散防止などの業務に携わっていた社員による内部の情報をもとに、ベトナムで投稿への検閲を受け入れていたことなどを相次いで報じるなど、各国の民主主義のあり方に影響を及ぼすような問題が表面化。世界的に拡散されている批判への対応を迫られているという。

きょうの朝日が1面で「フェイスブック批判相次ぐ」などと報じたほか、毎日なども経済面で大きく取り上げている。

それによると、大量の内部文書を持ち出してフェイスブックを批判してきた元社員が、米議会に続いて英議会の公聴会で「安全よりも利益を優先している」などと証言。主要メディアは米議会占拠事件が起きた際に、暴力を助長する内容を制限する機能があったにもかかわらず、その発動が遅れたことなどを取り上げて、同社の管理体制の不備を報じる異例の展開となるなど、先行きの不透明さが増しているようだ。

フェイスブックの発表によると、2021年7~9月期の決算は売上高が1年前に比べて35%増加、純利益も17%増とともに過去最高を更新したものの「批判が世界的に強まっており、成長を維持するのは簡単ではない」(朝日)とみている。

2021年10月27日付

●眞子さま・小室さん結婚、「心守り生きるための選択」(読売・1面)

●日立金属不正出荷先拡大、航空・エネルギーなど205社、追加調査(読売・10面)

●自動運転技術主導権取り戻せ(読売・10面)

●道路・橋が老朽予算不足、衆院選21、作業員も高齢化、更新迫られる選別(読売・11面)

●フェイスブック批判相次ぐ、「ベトナムで検問受け入れ」報道(朝日・1面)

●空を自由に飛べるかな「ホバーバイク」1台7770万円今は公道不可(朝日・6面)

●JR東、新幹線・特急グリーン車値上げ、来春最大1410円(朝日・25面)

●テスラ株時価1兆ドル、大台突破レンタカー多数採用(毎日・8面)

●ドラレコとAI道路の損傷検知、三井住友海上火災(毎日・8面)

●電動キックボード事故急増、警視庁都内で45件、目立つルール違反(産経・25面)

●ANA、営業赤字1100億円、4~6月、6割縮小も回復に遅れ(日経・1面)

●中古電池査定に共通基準、EV買い替えに弾み(日経・17面)

●ヤクルト、6年ぶり優勝(日経・43面)

《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース