モービル、多走行車用合成エンジンオイルに新グレード「0W-20」追加

EMGルブリカンツは、多走行車用合成エンジンオイル「モービルスーパー ハイマイレージ」シリーズに新グレード「0W-20」を追加し、販売を開始した。

2020年における乗用車の平均車齢は8.72年、平均使用年数は13.51年、ともに過去最高を記録(自動車検査登録情報協会調べ)。車齢の長い車の割合が増加傾向にある。今回、こうした乗用車の長期使用化のニーズに応えるべく、新製品「モービルスーパー ハイマイレージ 0W-20」を発売した。

モービルスーパー ハイマイレージシリーズは、走行距離6万kmを超えるハイマイレージ車(多走行車)推奨のエンジンオイルだ。モービル独自の「シールコンディショナー」を配合。パフォーマンス低下の一因である劣化したシールに作用し、オイル漏れの防止や、漏れに起因するオイル消費を削減する。

新グレード0W-20は、最新の省燃費規格「ILSAC GF-6A」に適合させ、シリーズ初の高品質な合成油グレードとして導入する。熱安定性・低温始動性・耐摩耗性に優れ、スラッジやデポジットなど、エンジン内部の汚れの発生を抑制。過酷な走行条件でも、従来の部分合成油、鉱物油系エンジンオイルを超えるエンジン保護性能を発揮する。また、独自の「ヒート アクティベート テクノロジー」を採用。エンジン内部の温度上昇に反応してエンジン部品の表面に瞬時に強靭な保護膜を形成することで、エンジンを摩擦や摩耗から保護する。

内容量は20リットルペール缶、4リットル缶、4リットル缶の3種類をラインアップ。価格はオープン。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース