愛車の盗難、防止の対策してますか? 狙われる車種

クルマを「盗む」窃盗は、あってはならない卑劣な行為だ。2021年1月から3月の3か月にかけて、愛知県では207件もの自動車盗難被害が発生し、3月末時点で全国ワーストを記録しているという。

この許すまじ、車両の窃盗、盗難被害状況に、愛知県自動車盗難等防止協議会(会長:小栗一朗、名古屋トヨペット代表取締役社長)は、警鐘を鳴らしている。

このたび「自動車盗難防止」に役立つ情報をまとめた動画を公開し、車両盗難の再現や、盗まれなかった事例、盗難防止策などをわかりやすく紹介。

動画は、愛知県警察本部や自動車セキュリティ機器メーカー協力のもと作成されている。自動車盗難時の開錠やハンドルロックの切断などをリアルに再現し、複数の防犯対策を促す内容で、愛車を守りたいオーナーに役立つ情報といえるだろう。

◆タイヤロックやハンドルロックなど複数の対策を!

2021年4月27日には、愛知県一宮市のカー用品店で、自動車盗難防止動画の完成披露イベントを愛知県警察本部と合同で実施。イベントでは動画のほか、実際に盗難被害にあったレクサス『RX』や、タイヤロック・ハンドルロックなどの自動車盗難対策用品も展示。

このほか、盗難被害に遭った車両が、ハンドルロックを外すためにハンドルが切断されていたり、純正のセキュリティ装置が無効化されている点も紹介された。

「特に『レクサス』や『ランドクルーザー』など特定の高級車種に被害が集中している。自動車盗難の対策としては、純正のセキュリティ装置に加え、タイヤロックやハンドルロックなど複数の対策を組み合わせることが重要」

と同協議会はイベントで伝え、自動車盗難被害対策を呼びかけた。

《カーケアプラス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース