ヤマハ発動機、海上係留とバーチャルでマリンレジャーの魅力発信…ジャパンボートショー2021

2019年のジャパンインターナショナルボートショー(横浜ベイサイドマリーナ会場)
  • 2019年のジャパンインターナショナルボートショー(横浜ベイサイドマリーナ会場)

ヤマハ発動機は、4月15日から18日までの4日間、横浜ベイサイドマリーナで開催される「ジャパンインターナショナルボートショー2021」に出展するとともに、4月1日から30日まで公開される「バーチャルボートショー(特設ウェブサイト)」に参加する。

ヤマハ発動機では「海、とびきりの週末」をテーマに、従来の展示型ショー(海上係留)に加え、人々のライフスタイルの変化に対応したバーチャルボートショーも実施。幅広い人々がマリンレジャーの魅力に触れることのできる機会を提供する。

会場となる横浜ベイサイドマリーナには『プレステージ520』をはじめとする3隻の大型ボートを海上展示。また、陸上では、ニューモデル『AX220』を展示するほか、次世代操船システム「HARMO」をはじめとするヤマハ発動機の最新技術などを紹介する。

一方、バーチャル会場では、ボートのバーチャルショールーム、ニューモデル紹介の他、会員制マリンクラブ「Sea-Style(シースタイル)」、「ボート免許教室」といったソフトメニューを案内する。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集