ガンバ大阪ホーム開幕戦は「集まれなくても、ひとつになれる日。」---TOYO TIRESパートナーデー

TOYO TIRE(トーヨータイヤ)は、Jリーグ ガンバ大阪のホーム開幕戦(3月6日・鹿島アントラーズ戦)を「TOYO TIRES パートナーデー」とし、『集まれなくても、ひとつになれる日。』をメーセージに掲げ、同チームの奮闘を応援する。

トーヨータイヤは、2016年よりプラチナパートナーとしてガンバ大阪をスポンサードしている。今回、コロナ禍の厳しい環境下で迎えるホーム開幕戦に、同社は『集まれなくても、ひとつになれる日。』というフレーズをメッセージとして掲げた。入場人数制限により、試合当日にスタジアムで観戦や応援することが叶わないサポーターの想いを、ピッチで活躍する選手へ届けるため、さまざまな施策を展開。スタジアム内外で応援するサポーターと選手の気持ちがひとつになる試合を実現する。

パートナーデーでは、オンライン/オフラインでガンバ大阪応援メッセージを事前募集する。3月2日までTwitterまたはInstagramで事前にガンバ大阪への応援メッセージ動画(静止画も可)を募集。インタビュー形式で収録した応援メッセージとともに試合当日のスタジアムビジョンで放映する。

ガンバ大阪のホームタウンを走る大阪モノレールの主要駅では「集まれなくても、ひとつになれる日。」の広告を展開する。また、ガンバ大阪公式 YouTube Live番組「パナスタライブ」をTOYO TIRES Presentsとして放送。試合当日の模様を番組内でテキスト実況し、チャット機能でサポーターが「ひとつ」になれるコンテンツを提供する。試合当日のスタジアム内には大型バナーバルーンを掲揚。さらにガンバ大阪を応援するビッグフラッグを掲出(予定)するなど、「集まれなくても、ひとつになれる日。」を盛り上げる。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース