パンダの赤ちゃん、目が開いた! まだぼんやり…名前を募集中[リアニマル]

アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)は、2020年11月22日に誕生したジャイアントパンダの赤ちゃんの両目が開いたと発表した。

現在はまだ物がぼんやりと見える程度で、はっきりと見え始めるのはあと1ヶ月程度先(生後3ヶ月頃)になるという。生後46日での開眼は、これまでアドベンチャーワールドで誕生した赤ちゃんと同様に順調で、体重や全長においても、順調に成長しているとのこと。(同園生まれのジャイアントパンダの平均開眼時期は生後40~50日)

親子の公開については、来園者、スタッフ、動物たちの健康と安全を最優先に、新型コロナウイルス感染拡大の状況を鑑みて、1月中旬以降で調整しているとしている。

なお同園では、12月より赤ちゃんの名前募集を行っている。募集期間は、2020年12月24日から2021年2月23日までの62日間。インターネット(Smile Birth Project 特設サイト)、はがき、パーク内募集コーナーの3つの方法により応募可能。

名前の選定は、同園の「パンダの赤ちゃん命名委員会」により行われ、複数の名前候補を選定した後、決選投票を行う予定だという。決定した名前については、パーク内および、公式ホームページ上で発表する。

《鈴木まゆこ》

編集部おすすめのニュース

おすすめのニュース