マツダ、キッズデザイン賞を7年連続受賞---居眠り・わき見を見張るドライバーモニタリング

マツダCX-30
  • マツダCX-30
  • ドライバー・モニタリング

マツダは9月23日「危険な居眠り・わき見運転を見張るドライバー・モニタリング」で、第14回キッズデザイン賞を受賞したと発表した。マツダの受賞は7年連続。

キッズデザイン賞は「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」という3つのデザインミッションを実現するための優れた製品・空間・サービスを選び、広く社会へ伝えることを目的とした顕彰制度。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められる。

受賞対象となった「危険な居眠り・わき見運転を見張るドライバー・モニタリング」は、センターディスプレイ内の赤外線カメラでドライバーの目の動きや顔の向きなどの状態を把握することで、システムがドライバーの居眠りやわき見を検知する。居眠りの前兆である眠気を検知した場合には、ドライバーに警報で注意。さらに衝突事故の原因となる眠気やわき見を検知した場合には、衝突被害軽減ブレーキ(スマート・ブレーキ・サポート)の警告タイミングを早めることで危険をいち早くドライバーに伝え、衝突回避・被害軽減の効果を高める。

マツダでは、居眠りや、後席の幼い子どもに気を取られて思わず行ってしまうわき見など、ドライバーの注意力低下による事故抑制を目指す技術として、『マツダ3』『CX-30』より順次、搭載車種を展開している。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 居眠り運転防止、ジャガーの「ドライバーコンディションモニター」が効果を発揮 画像 居眠り運転防止、ジャガーの「ドライバーコンディションモニター」が効果を発揮
  • 【マツダ3 新型】居眠りを警告する「ドライバーモニタリング」は精度の高さを追求 画像 【マツダ3 新型】居眠りを警告する「ドライバーモニタリング」は精度の高さを追求
  • 居眠り運転のトラックが対向車と次々に衝突、7台が被害 画像 居眠り運転のトラックが対向車と次々に衝突、7台が被害
  • オリックスカーシェア、AIドラレコ「ナウト」を導入 わき見など検知で安全運転を支援 画像 オリックスカーシェア、AIドラレコ「ナウト」を導入 わき見など検知で安全運転を支援
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース