akippa、バスケットボール「熊本ヴォルターズ」と提携…アリーナ周辺で駐車場シェア

駐車場予約アプリ「akippa」を運営するakippaは9月9日、BリーグB2の「熊本ヴォルターズ」を運営する熊本バスケットボールと提携すると発表した。

チームの本拠地である熊本県立総合体育館近辺に予約制のオフィシャル駐車場を新たに設け、駐車場不足解消と周辺の混雑解消を目指す。9日から予約受付を開始し、9月22日のプレシーズンゲームから駐車場の利用が可能となる。

熊本ヴォルターズは、熊本県熊本市を本拠地とするプロバスケットボールクラブで、試合時には本拠地である「熊本県立総合体育館」に多くの観客が訪れるが、アリーナ周辺では駐車場不足による交通混雑や違法駐車が問題となっていた。また、コロナ禍の影響で「密」を回避するため、公共交通機関を避けて「車移動」を考える人も増えている。

今回、akippaと熊本ヴォルターズが提携し、試合時の駐車場問題の解決に乗り出す。熊本県の企業が所有する駐車場100台分を公式駐車場として試合開催日に予約貸し出して、アリーナ周辺の駐車場不足の解消を目指す。

熊本ヴォルターズは今後akippaのパートナーとしてアリーナ周辺の駐車場開拓を進めることを検討する。地元企業の駐車場や地域住民が所有している遊休スペースの有効活用も進めていく。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース