新しいモビリティサービスの実証実験を52地域で実施へ 経産省と国交省が選定

経済産業省、国土交通省は7月31日、2020年度「スマートモビリティチャレンジ」の取り組みとして新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦する合計52の実証地域を選定したと発表した。

経済産業省と国土交通省では、2019年6月から新しいモビリティサービスの社会実装を通じた移動課題の解決、地域活性化に目指す地域や企業を応援する「スマートモビリティチャレンジ」プロジェクトを立ち上げて取り組んでいる。2020年度は、先駆的に新しいモビリティサービスの社会実装に挑戦する地域の提案を4~6月にかけて募集し、今回、それぞれの有識者会議による審査を経て、合計52の実証地域を選定した。

このうち、経済産業省は「先進パイロット地域」として16地域、国土交通省が新たなMaaSのモデルとなることが見込まれる38事業をそれぞれ選定した。

今後、選定された地域で新しいモビリティサービスの実証実験や事業性を分析し、ベストプラクティスの抽出や横断的課題の整理を行うことを通じて地域モビリティの維持・強化、移動課題の解決、地域経済の活性化を推進する。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース