コンチネンタルタイヤ・ジャパン、ニコラオス・キリアゾプロス氏が代表取締役に就任

代表取締役 ニコラオス・キリアゾプロス
  • 代表取締役 ニコラオス・キリアゾプロス

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、2020年7月1日付けでニコラオス・キリアゾプロス氏が代表取締役に就任したことを発表した。

独ハノーバー出身のキリアゾプロス氏は、2001年にContiTech Vibration Control GmbHに入社後、ファイナンスコントローラーとしてコンチネンタル社でのキャリアを開始。Continental Tevesでプロダクトコントローラーとして勤務後、2005年からはタイヤ部門に配属。小売りチャンネルのオペレーションマネージャーとして顧客との関係強化、サービス向上を推進。2011年よりEMEA(欧州・中東・アフリカ)担当フリート&リースビジネスセールスマネージャーとしてEMEA市場内のフリートタイヤビジネスの拡大を牽引。2014年からはインターナショナル・キーアカウントマネージャーとして複数の自動車メーカーを担当、新車タイヤビジネスに尽力。2020年までEMEA市場のタイヤビジネスに大きく貢献してきた。

なお、グレゴリー・メイ前社長は、コンチネンタルのパワートレイン部門が独立した新会社Vitesco Technologies GmbHにてHead of Vitesco Technologies Aftermarketに就任、ドイツへ帰任した。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • アウディジャパン ノアック社長、『e-tron』を2020年末までに300台販売したい[インタビュー] 画像 アウディジャパン ノアック社長、『e-tron』を2020年末までに300台販売したい[インタビュー]
  • ポルシェジャパン社長「Porsche NOWは絶えず変化し進化する新しいコンセプトの店舗だ」 画像 ポルシェジャパン社長「Porsche NOWは絶えず変化し進化する新しいコンセプトの店舗だ」
  • トヨタ 豊田社長「ご安心ください。トヨタは大丈夫です」…株主総会で定款変更などを承認 画像 トヨタ 豊田社長「ご安心ください。トヨタは大丈夫です」…株主総会で定款変更などを承認
  • ボッシュ日本法人社長「2020年から新世代の側方レーダーの量産を開始する」 画像 ボッシュ日本法人社長「2020年から新世代の側方レーダーの量産を開始する」

特集

おすすめのニュース