ブリヂストングループ、中型自動運転バス実証実験にタイヤモニタリングシステムを提供

ブリヂストンは、グループ会社ブリヂストンタイヤジャパンが産業技術総合研究所が経済産業省、国土交通省から受託した「中型自動運転バス公道実証実験事業」で、バス運行事業者に選定された神姫バスの実証実験をサポートすると発表した。

実証実験は、「郊外住宅地における生活の質の向上に向けた地域内交通の確保」をテーマに、7月から兵庫県三田市内を運行する神姫バスの運行路線で実施される。

神姫バスの実証実験で、欧州やアジア大洋州地域などの運送事業者に展開している「タイヤマティクス」をトライアル導入する。「タイヤマティクス」は、タイヤに設置したセンサーがタイヤの空気圧・温度情報を計測し、クラウドを通じて車両管理者と情報を共有するモニタリングシステム。これによって低内圧によるタイヤトラブルを未然防止できる。

将来的に実現が予想されるバスの完全自動運転では、乗務員が乗車しないことからタイヤに関するトラブルを未然に防止する必要性が高まる。ブリヂストングループでは乗客の安全・安心を確保するとともに、バス運行事業者の高度な運行管理を支えるため、実証実験をサポートする。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース