VW、グループのインフォテインメント開発を集約…ソフト開発センター建設

フォルクスワーゲングループがドイツ・ボーフムのテクノロジーキャンパスに建設するフォルクスワーゲンインフォテインメントの新しい開発センター
  • フォルクスワーゲングループがドイツ・ボーフムのテクノロジーキャンパスに建設するフォルクスワーゲンインフォテインメントの新しい開発センター

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は7月9日、ドイツ・ボーフムにフォルクスワーゲンインフォテインメントの新しい開発センターを建設すると発表した。今秋から、建設工事を開始する予定だ。

フォルクスワーゲンインフォテインメントは、フォルクスワーゲングループの各ブランド向けのソフトウェアソリューションとデジタルコンポーネントを開発している。車両をインターネットに接続するためのモデムユニットをはじめ、最新の天気や交通情報の取得、スマートフォンアプリを介した車両機能のリモートコントロールなど、さまざまなサービスが含まれている。

フォルクスワーゲンインフォテインメントは、ドイツ・ボーフムのテクノロジーキャンパスに新しい開発センターを建設する計画だ。フォルクスワーゲンインフォテインメントは、この開発センターに、既存の3つの施設の機能を集約する。新しい開発センターには、エンジニアリングセンター、車両テストホール、音響ラボ、800名の従業員用のスペースを備えた作業エリアを擁する。

フォルクスワーゲングループは、車載および車両関連サービス用ソフトウェアの社内開発を促進し、内製率を2025年までに60%以上に引き上げる予定だ。将来的には、すべての基本機能を備えた統一ソフトウェアプラットフォームが、グループの全車両用に開発される。

このプラットフォームは、車両オペレーティングシステム(OS)の「vw.os」と、「Volkswagen Automotive Cloud(フォルクスワーゲンオートモーティブクラウド)」から構成される。2025年までに、フォルクスワーゲングループのすべての新型モデルは、このソフトウェアプラットフォームを共有する計画だ。

新しい開発センターは、フォルクスワーゲングループのソフトウェア戦略において重要な役割を果たす。フォルクスワーゲングループは、未来の自動車用のデジタルハイテク製品を開発し続けるために、確固たる基盤を築いていく、としている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ 画像 ボルボカーズの自動運転ソフト開発部門、新体制発足…高速道路での完全自動運転実現へ
  • 車内の新型コロナウイルスをエアコンで殺菌…フォードモーターが制御ソフトを開発 画像 車内の新型コロナウイルスをエアコンで殺菌…フォードモーターが制御ソフトを開発
  • 新型コロナ流行後、都内で自転車通勤が増加 au損保調べ 画像 新型コロナ流行後、都内で自転車通勤が増加 au損保調べ
  • 【ダイハツ タフト 新型】パイオニア製ディスプレイオーディオ、メーカーオプションに採用 画像 【ダイハツ タフト 新型】パイオニア製ディスプレイオーディオ、メーカーオプションに採用

特集

おすすめのニュース