欧州新車販売、2020年は25%減少の見通し…過去最大の落ち込み幅に

欧州自動車工業会(ACEA)は6月23日、2020年の欧州新車(乗用車)販売見通しを発表した。新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響により、前年比25%減の約960万台に落ち込むと予想している。

欧州では2019年、およそ1280万台の新車を販売した。しかし2020年は、約960万台にとどまる見通し。これは、前年に対して、新車販売が300万台以上減少することを意味している。

欧州では3月中旬から5月にかけて、新型コロナウイルスの感染が拡大した。これにより、自動車メーカーの生産が滞り、ディーラーも営業を休止したため、欧州新車販売は前年同期比41.5%減と落ち込んだ。

その後、ロックダウンや外出制限が解除されたため、この状況は今後数か月以内に、ある程度緩和されると予想される。

欧州自動車工業会によると、約960万台の年間販売台数は、2008~2009年の金融危機の影響で、6年連続で新車販売が減少した2013年以来の低水準。前年比25%減の落ち込み幅も、過去最大になるという。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース