日産が北九州市、九電と協定---EVを活用した「SDGs連携」 電力会社とは初

北九州市、九電グループ、日産自動車、「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結
  • 北九州市、九電グループ、日産自動車、「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結
  • 日産リーフからの電力供給イメージ
  • 日産リーフ

日産自動車と北九州市、九州電力および九州電力送配電北九州支社、日産自動車九州、福岡日産自動車、北九州日産モーター、日産プリンス福岡販売の8者は6月22日、「電気自動車(EV)を活用したSDGs連携協定」を締結した。

協定の内容は、北九州市が台風、地震災害等による大規模停電が発生した際に、九電グループが提供する停電情報を元に、市が指定する避難所などにおいて、日産自動車九州、福岡日産自動車、北九州日産モーター、日産プリンス福岡販売より貸与される日産『リーフ』と、市が公用車として所有するEVを、非常用電源として活用することで、避難所などの円滑な運営を行い、市民の安全確保に努めるというもの。

北九州市は、「SDGs未来都市」および「自治体SDGsモデル事業」に選定されており、SDGsの達成に向けて、さまざまな取り組みを進めている。その一環として、EVの普及促進にも努めており、EVから電気を取り出す可搬型給電器の区役所への導入や、公用車へのEV等の次世代自動車の導入などを推進している。

また、九電グループは、快適で環境にやさしい電気エネルギーを安定的に届けることにより、世の中の電化を促進し、低炭素で持続可能な社会の実現を目指している。その一環として、EVの普及拡大や地域と連携した災害に対するレジリエンス強化の取り組み等を推進している。

一方、日産自動車は、日本が抱える環境負荷低減や災害対策等の課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表。全国の自治体や企業と協力して、EV普及を通じた社会の変革に積極的に取り組んでいる。

今回、日産自動車が推進するブルー・スイッチ活動、北九州市が目指すSDGS実現に向けた取り組み推進、九電グループの低炭素で持続可能な社会の実現に向けた取組に互いが賛同し、協定の締結を行う運びとなった。日産自動車が、締結した自治体・企業との災害連携協定としては、今回の締結が全国で41件目。また日産にとって、災害時における電力会社とのEVを活用した連携は全国初となる。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • 日産と福井県、EVを活用した「災害連携協定」を締結 全国40件目 画像 日産と福井県、EVを活用した「災害連携協定」を締結 全国40件目
  • 5Gを使って災害時に放置車両を遠隔撤去 ソフトバンクなどが実証実験に成功 画像 5Gを使って災害時に放置車両を遠隔撤去 ソフトバンクなどが実証実験に成功
  • フードトラックで地域活性化や災害・緊急時の支援 メロウと豊中市が連携 画像 フードトラックで地域活性化や災害・緊急時の支援 メロウと豊中市が連携
  • 日産のハードトップはここから始まった…歴代 ローレル が村山に集結、発売50周年 画像 日産のハードトップはここから始まった…歴代 ローレル が村山に集結、発売50周年

特集

おすすめのニュース