グーネット、オンライン商談ツールの提供開始 専用アプリのインストール不要

プロトコーポレーションは6月19日、クルマ・ポータルサイト「グーネット」にてユーザーと自動車販売会社等が相談や商談時に利用できるオンライン商談ツール「グーネットLive(ライブ)」の提供を開始した。

グーネットライブは専用アプリ等のインストールが不要のオンライン商談ツール。ユーザーはグーネットに掲載している自動車販売会社から発行されるURLを開きパスコードを入力することで簡単に音声通話とビデオ通話機能でクルマのオンライン商談が可能となる。PC、スマートフォン、タブレット等のデバイスから利用できる。

グーネットライブは音声通話機能、ビデオ通話機能の提供から開始し、今後はチャット機能や、グーネットで提供しているオンライン予約機能と連携を図る予定だ。また、クルマ購入時の商談だけではなく、タイヤ交換や車検、整備等の商談時にも利用できるように開発。ユーザーおよび自動車販売会社の利便性をさらに向上させていく。

現在、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)感染拡大に伴い人との接触機会を減らすためのDX(デジタルトランスフォーメーション)化が推進されている。プロトコーポレーションは自動車業界におけるDX化推進を支援することで、ユーザーの安心、安全確保のための移動手段としてのクルマの購入機会を提供していく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース