トヨタ、欧州本社に風力タービンとソーラーパネル設置…年間384MWhの電力を生成

トヨタ自動車(Toyota)の欧州部門、トヨタ・モーター・ヨーロッパは5月20日、ベルギー・ブリュッセル本社に風力タービンとソーラーパネルを設置し、再生可能電力を生成すると発表した。

今回の発表は、トヨタの環境に対する持続可能性への取り組みを強化するものだ。トヨタ・モーター・ヨーロッパは、ブリュッセルにおいて、自社所有の風力タービンを敷地内に設置した最初の企業になる。

総容量は10kWで、年間最大24MWhの電力を生成できる。風力タービンには、垂直ウィングが組み込まれており、あらゆる方向からの風を効率的に利用でき、低騒音設計により、ノイズを低減する。また、高さは23mに抑えられ、近くのザヴェンテム国際空港の運用に影響を与えないようにした。

風力を利用することは、トヨタ・モーター・ヨーロッパの計画の一部だ。同社の再生可能電力の供給量は、最大460kWpの電力を生成できる1400枚の太陽光発電パネルを設置することで、さらに強化される。この太陽電池は、年間360MWhの電力を生成すると予想されている。風力タービンと合わせて、年間最大384MWhの電力を生み出すことが可能になる。

トヨタ・モーター・ヨーロッパはすでに、欧州事業の2019年1年間の全電力を、再生可能エネルギーに切り替えた。当初の目標に対して、1年前倒しで達成している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース