BMWが博物館を再開、ポルシェは博物館を無料開放…新型コロナの休館が解除

BMW博物館
  • BMW博物館
  • BMW博物館
  • ポルシェ博物館

BMW博物館ではMINIのEVに試乗できる機会も

BMWグループ(BMW Group)は5月14日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大により休館していたドイツのBMW博物館「BMWワールド」を、5月15日から再開すると発表した。

当面の間、BMWワールドは毎日8時から20時まで開館している。新しいジュニアキャンパスのパブリックエリア、車両コレクションエリア、BMWワールドライフスタイル&アクセサリーショップなど、すべての展示エリアが来場者に開放される。

レストランやカフェは、5月25日から営業を再開する予定だ。それまでの間、一部店ではテイクアウトサービスを行う。

BMWワールドでは5月16日から、MIINのEV、『クーパーSE』に試乗する機会が設けられる。毎日10~12時と、14~16時まで、試乗することができる。事前の申し込みとすべての公衆衛生規制の遵守を条件として、試乗できる。

BMWワールドのHelmutKas館長は、「ここ数週間続いたロックダウンから、正常に戻り始めており、来場者を再び迎え入れることが許可され、大変うれしい」と述べている。

ポルシェはデジタルライブツアーも行う

ポルシェ(Porsche)は5月14日、ドイツのポルシェ博物館を5月17日の第43回国際博物館デーに合わせて、無料開放すると発表した。ポルシェ博物館は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大の影響で休館していたが、5月12日に再開している。

国際博物館デーには、2人のガイドがドイツ語と英語で1時間ずつ、展示車両を紹介する。ポルシェ博物館には現在、5600平方mを超えるスペースに、80台以上の車両が展示されている。

デジタルライブツアーも行われ、貴重なプロトタイプやレーシングカー、量産車を見ることができる。デジタルライブツアーはInstagram において、18時30分からドイツ語、深夜0時から英語で始まる。

デジタルライブツアーは順次、中国語、フランス語、イタリア語、日本語、クロアチア語、ルーマニア語、スペイン語、ポルトガル語、トルコ語にも対応する予定だ。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース