日産車体、受注台数大幅減も原価低減で営業益2割増 2020年3月期決算

日産車体九州工場(参考画像)
  • 日産車体九州工場(参考画像)
  • 日産 アルマーダ 新型

日産車体は5月14日、2020年3月期(2019年4月~2020年3月)の連結決算を発表。売上台数は減少したものの、原価低減などにより、営業利益は前年同期比19.5%増の93億円となった。

2020年3月期会計年度は、日産自動車からの受注台数が大幅に減少。売上台数は同20.7%減の18万2286台。これに伴い、売上高も同17.3%減の4988億円となった。

しかし損益面では、減収ながら原価低減や生産性向上への迅速な取り組み等により、営業利益は同19.5%増の93億円、経常利益は同19.9%増の98億円となった。純利益については、『アルマーダ』の湘南工場での補完生産終了に伴い、専用設備の減損損失9億円を特別損失に計上したことで、同4.3%増の58億円となった。

なお今期の業績見通しについては、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染拡大に伴う影響を現時点で合理的に算定することが困難なことから未定としている。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース