トーヨータイヤ、コロナ禍影響大きく純利益は6割減 2020年1-3月期決算

東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)
  • 東洋ゴム ナノエナジー3 プラス(参考画像)

トーヨータイヤは5月12日、2020年1~3月期(第1四半期)の連結決算を発表。新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、減収減益となった。

第1四半期連結累計期間では、新型コロナウイルス感染拡大による需要減少、各国での外出制限措置等による販売活動の低下、完成車メーカーの生産調整などが大きく影響。売上高は前年同期比8.9%減の820億9400万円、営業利益は同31.8%減の69億3600万円、経常利益は同60.3%減の37億3700万円、四半期純利益は同62.0%減の21億4100万円となった。

市販用タイヤについては、北米・欧州ともに売上高は前年度を下回った。国内向けも天候要因による履き替え需要の遅れと新型コロナウイルスによる需要の減少により販売量、売上高ともに前年度を下回った。新車用タイヤについては、新型コロナウイルスの感染拡大による完成車メーカーの生産調整の影響を受け、国内、海外ともに前年度を下回った。その結果、タイヤ事業の売上高は同8.2%減の722億9700万円、営業利益は同29.8%減の73億9900万円となった。

なお、新型コロナウイルス感染拡大の収束時期の見通しが立っていないことから、2月14日に公表した今期の業績予想は一旦取り下げ、未定とした。

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース