三菱ふそう、営業・サービス拠点の時短営業を5月末まで延長 新型コロナウイルス対策

三菱ふそうスーパーグレート
  • 三菱ふそうスーパーグレート
  • 三菱ふそうトラック・バス姫路支店(兵庫県)
  • 三菱ふそうトラック・バス郡山支店(福島県)

三菱ふそうトラック・バスは5月4日、政府が新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に関して緊急事態宣言を延長したことから、同社の営業所、サービス拠点の営業時間短縮を5月末まで延長すると発表した。

同社では新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、営業拠点とサービス拠点の営業時間を通常の8時30分~19時までを、9時~17時30分に短縮している。緊急事態宣言が全国で延長されたことを受けて、営業時間短縮も5月末まで延長する。

営業・サービス拠点では、感染拡大防止対策として従業員の体調管理、検温、手洗い、うがい、消毒などを徹底し、体調不良者には出勤停止・自宅待機を指示している。感染者が出た場合、保健所の指導のもとに一定期間閉鎖する。また、感染の影響受けた車両を入庫する際は、できる限り消毒して入庫するよう要請している。

《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース