米マツダ、医療従事者への支援を延長…メーカー問わず車両の消毒とオイル交換を無償で

マツダの米国ディーラー
  • マツダの米国ディーラー
  • マツダの米国ディーラー

マツダ(Mazda)の米国部門は5月4日、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)と戦う全米の医療従事者向けに、4月中旬から開始した車両の消毒とオイル交換を無償で行うプログラムを、6月1日まで延長すると発表した。

このプログラムは、マツダのディーラーネットワークと協力して開発され、「Essential Car Care」プログラムと命名された。マツダは、この取り組みの一環として、500万ドル以上を投資する。このプログラムは、マツダ車のオーナーだけでなく、他のメーカーのほとんどのモデルでも利用できるのが特長だ。

マツダによると、このプログラムは、地元の医療従事者向けに同様のプログラムを実施したマツダのディーラーから発想を得たという。今回のプログラムの延長によって、米国で最も新型コロナウイルスの感染者が多い地域を含めて、より多くの医療従事者がこのプログラムを利用できる機会が増えるという。

Essential Car Careプログラムを行うディーラーは、医療従事者とディーラー従業員の安全を確保するために、マツダとEPA(米国環境保護局)が承認した消毒液を使用して、車両の内外装を洗浄する。マツダはまた、ディーラーに対して、CDC(アメリカ疾病管理予防センター)や政府、当局の推奨事項に従うとともに、ディーラー内のすべての人の安全を確保するために、手洗いや消毒、マスク着用などを継続する。

北米マツダのジェフ・ガイトン社長は、「マツダのディーラーと従業員は、新型コロナウイルスと戦う医療従事者に深い感謝の気持ちを抱いている。全国のコミュニティで医療従事者を支援できることを誇りに思う」と述べている。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース